移転価格

当法人国際税務サービスグループ(移転価格)は、世界中で厳しさを増す移転価格税制に関する最新のサービスを提供します。

移転価格リスクの低減とコンプライアンス遵守

2015年10月のBEPS最終提言を受けて、国際課税枠組みは、グローバルで大きく変わりつつあります。特に移転価格については、各国とも企業活動の透明性を求めて、新たに三層構造の文書化制度(マスターファイル、ローカルファイル、国別報告)を導入することとなりました。この結果、各国税務当局の移転価格調査アプローチは多様化が進むものと推測されます。ポストBEPSの移転価格リスクは、質、量とともに大きな変化を迎えるとともに、企業に対して税務申告時や取引時点で、移転価格税制に関するコンプライアンスを遵守していることを検証し確認することが求められています。こうした状況に企業が対処していくため、PwC税理法人ではITツールを利用した本社主導の統合的な文書管理(Global Core Documentation: GCD)も新たなサービスとして加え、移転価格リスクの低減とコンプライアンス遵守を、よりサポートしてまいります。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Contact us