移転価格

当法人国際税務サービスグループ(移転価格)は、世界中で厳しさを増す移転価格税制に関する最新のサービスを提供します。

移転価格リスクの低減とコンプライアンス遵守

2015年10月のBEPS最終提言を受けて、国際課税枠組みは、グローバルで大きく変わりつつあります。特に移転価格については、各国とも企業活動の透明性を求めて、新たに三層構造の文書化制度(マスターファイル、ローカルファイル、国別報告)を導入することとなりました。この結果、各国税務当局の移転価格調査アプローチは多様化が進むものと推測されます。ポストBEPSの移転価格リスクは、質、量とともに大きな変化を迎えるとともに、企業に対して税務申告時や取引時点で、移転価格税制に関するコンプライアンスを遵守していることを検証し確認することが求められています。こうした状況に企業が対処していくため、PwC税理法人ではITツールを利用した本社主導の統合的な文書管理(Global Core Documentation: GCD)も新たなサービスとして加え、移転価格リスクの低減とコンプライアンス遵守を、よりサポートしてまいります。

パートナー紹介

移転価格リスクの低減とコンプライアンス遵守

主なトピックス

コンプライアンス遵守対応

背景

  • 2015年10月のBEPS最終提言を受けて、国際課税枠組みは、グローバルで大きく変わりつつあります。特に移転価格については、各国とも企業活動の透明性を求めて、新たに三層構造の文書化制度(マスターファイル、ローカルファイル、国別報告)を導入することとなりました。この結果、各国税務当局の移転価格調査は、現地の納税者のみの事業活動や機能リスクを見るだけではなく、グループ全体の事業活動も考量した多様なアプローチになるものと推測されます。
  • ポストBEPSの移転価格リスクは、質、量とともに大きな変化を迎えるとともに、企業に対して税務申告時や取引時点で、移転価格税制に関するコンプライアンスを遵守していることを検証し確認することが求められています。

サポート内容・弊所の強み

View more

税務当局対応

背景
  • 近年、日本における移転価格調査の件数は増加傾向にあります。先進国はもちろん、新興国の税務当局も移転価格税制に関する法令整備、執行強化の姿勢を鮮明に打ち出しており、マスターファイルおよび国別報告の導入を受け、グループ全体のバリューチェーンを意識した移転価格調査となってきており、グループの各社が単独で対応できる課税問題ではなくなってきましております。
  • 事前確認(APA)の件数も対応可能国も増加し、多くの企業が移転価格のリスクを回避するための有効な手段としてAPAを利用するようになってきています。

サポート内容・弊所の強み

  • 豊富な経験と多業種に渡る実績、そしてPwCのグローバルネットワークを活用した、クライアントのニーズに応じた移転価格調査対応のアドバイスを提供します。
  • 調査対応では、立ち会い、税務当局からの質問書への回答書、税務当局の見解に対する反論書等の作成、税務当局との折衝といった一貫性のある支援をします。
  • APAや相互協議の支援では、海外のPwCメンバーファームと連携し、情報共有しながらクライアントをサポートする体制を整えています。
  • 訴訟の段階では、税務訴訟の経験豊富なPwC弁護士法人との共同作業により訴訟支援を行ないます。

View more

個別課題対応

背景

  • グループ内の資金効率の向上を図る多種多様なグループ内金融取引も普及しています。
  • 日系企業による海外M&A海外進出の増加を背景にグローバル化する移転価格リスクのモニタリングの重要性が増しています。

サポート内容・弊所の強み

View more

主要メンバー

宮嶋 大輔(Daisuke Miyajima)

宮嶋 大輔(Daisuke Miyajima)

PwC税理士法人 パートナー

Profile

Contact us

Follow us