野田 幸嗣

パートナー, PwC税理士法人

国際税務/M&Aグループ(大阪事務所・名古屋事務所)
公認会計士、税理士

略歴

京都大学工学部工業化学科卒業、同大学院中退
2003年に当法人大阪事務所に入所し、日系・外資系企業のコンプライアンス、コンサルティングサービス、税務調査、移転価格調査などの税務案件に従事。2007年から移転価格コンサルティンググループに異動し東京事務所で勤務。

2008年7月、移転価格コンサルティンググループの大阪事務所の立上げに合わせて大阪事務所に帰任。移転価格調査、相互協議、事前確認に加え、文書化業務など移転価格専門分野に加え、クロスボーダーの事業再編税制・タックスヘイブン税制など国際税務問題全般に関してワンストップでアドバイスを提供。大阪事務所・名古屋事務所のワンストップサービスのニーズに合った組織体制を構築するために、2014年1月の大阪事務所と名古屋事務所の旧事業法人部と旧移転価格コンサルティンググループを統合した「国際税務アドバイザリーグループ(大阪事務所・名古屋事務所)」の責任者。

お問い合わせ

Contact details

Email

プロジェクト実績

  • 税務調査、移転価格調査、国内争訟手続、相互協議(MAP)、事前確認(APA)に関するアドバイザリーサービス
  • M&Aにおける税務デューデリジェンスサービス、ストラクチュアリング、グローバル事業再編に関するアドバイザリーサービス
  • 連結納税の導入・申告業務、法人に関する税務申告業務、個人に関する税務申告業務

その他実績

  • 雑誌寄稿(「国際税務」、「T&Aマスター」などの税務専門誌)
  • 社内セミナー、外部講師の経験多数。

プロフェッショナルビジョン

グローバルに海外展開を行う日系企業の日々の税務問題に対しワンストップで税務コンサルティングサービスを提供し、日系企業のお客様に税務サービスのインフラとしての役割を果たしたいと考えています。