M&Aにかかわる人事関連サービス

ビジネスを拡大するための戦略として、M&Aは身近なものとなっています。PwCでは、M&Aのあらゆるステージにおいて人事面からクライアントの成功を支援するため、豊富な経験に基づいた人事デューデリジェンスやPMI(組織統合・人事統合)にかかわるサービスを提供します。

PwCのサービス

人事デューデリジェンス(国内・海外)

M&Aを実行するかどうかを見極めるにあたって、人事関連では退職給付の未積立債務の検証が重要な価格反映事項として挙げられます。また未払い残業代やみなし管理職問題などについても、人事デューデリジェンスを通じて、その根源の要因までも把握しておく必要があります。さらには人員構成のひずみや高齢化、採用や退職状況など、データ分析によって対象企業の実情をより定量的に把握することも、極めて重要なポイントとなります。

PwCでは、国内・海外いずれにおいても、開示資料による事実の検証に加え、過去の豊富な実績に基づく知見を生かしながら、人事関連の課題抽出と解決を支援します。

View more

PMI(組織統合・人事統合)

PwCは、PMI(組織統合・人事統合)の意義と効果を定性的・定量的に分析し、会社側・社員側の双方の立場から十分な理解が得られるまで議論を重ねます。

いざ統合となった場合、各タスクの正確な工程の洗い出しと日程管理のもとで、人事分科会の運営が重要になります。PwCは、人事分科会の運営支援に豊富な実績を有しており、課題となる点をあらかじめ見越して解決策を提供します。また、統合によって不利益が生じる社員に対しては、コミュニケーションプランの策定と並行して適切な対応策を提供します。

View more

退職給付債務計算サービス

確定給付型の退職給付制度においては、退職給付債務を計算する必要があります。

PwCでは、割引率を含む計算前提の設定から退職給付債務の計算はむろんのこと、監査人との協議を含めた対応が可能です。日英のアクチュアリーが、日本基準のみならず各種海外会計基準に即した退職給付債務の計算を実施します。

View more

年金コンサルティング

年金コンサルティングは高度な年金数理知識に基づいて実施され、豊富な経験が求められます。

PwCでは、確定給付型・確定拠出型の導入のいずれにおいても、制度設計に加え、不利益変更となる場合の該当者の特定ならびに補填措置の策定も実施します。また、制度導入のためのコミュニケーションプランについても資料作成のみならず、講師対応も含めた万全の支援を行います。

なお、海外親会社からの依頼による日本の子会社の制度導入の際には、親会社との直接のコミュニケーションも実施します。

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

谷岡 綾太

マネージングディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

ハラランボス クリストファー

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

福田 博

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email