Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

インターナショナルタックス

歴史的な国際課税の見直しにより、かつてないほどグローバルな観点からの管理が求められている企業の国際税務をクロスボーダーチームで支援します。

国際税務と国際的二重課税

OECD/G20主導によるBEPS(税源浸食と利益移転)などの歴史的な国際課税見直しにより、企業はかつてないほどグローバルな観点から税を管理する必要に迫られています。事業戦略に則した国際税務戦略を速やかに構築することが重要です。

国際税務は、「海外からの投資」または「海外への投資」に付随して生じる、いわゆるクロスボーダー取引に関する税務であり、例として、外国税額控除、租税条約、タックスヘイブン対策税制、移転価格税制および過少資本税制が挙げられます。

クロスボーダー取引は、本国で課税され、取引先である現地でも二重に課税されることが少なくありません。企業活動のグローバル化に伴いクロスボーダー取引が増加します。適正な納税を行うためには、企業は国際的二重課税を税法が認める範囲内で正しく排除していく対処が必要となります。

インターナショナルタックスに関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

インターナショナルタックスの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集
 

主要メンバー

山岸 哲也

パートナー, PwC税理士法人

Email

白崎 亨

パートナー, PwC税理士法人

Email

白土 晴久

パートナー, PwC税理士法人

Email

竹下 文浩

パートナー, PwC税理士法人

Email

村上 高士

パートナー, PwC税理士法人

Email

山口 晋太郎

パートナー, PwC税理士法人

Email