タックスヘイブン対策税制

制度の複雑化に対応した税務業務の必要性

タックスヘイブン対策税制とは、わが国の内国法人等が事業上の合理性がないにもかかわらず、租税負担の軽い国や地域に所在する子会社等を通じて事業を行うことにより租税回避を図る行為を規制するための制度です。

2017年度税制改正によって、タックスヘイブン対策税制はこれまでより複雑になり、適用範囲も広がりました。租税負担割合が30%未満の外国関係会社については、当該外国関係会社がペーパーカンパニー、事実上のキャッシュボックス、またはブラックリスト国所在会社のいずれかに該当する場合、その全ての所得が合算課税の対象となります。また、租税負担割合が20%未満の外国関係会社については、経済活動基準を満たす外国関係会社は、会社単位の合算課税は適用されませんが、配当、利子等の一定の受動的所得がある場合には、それらの所得が部分合算課税の対象となります。

タックスヘイブン対策税制に正しく対処するため、まずは、正確な租税負担割合の算定と経済活動基準の充足性の判定が重要になります。日本親会社は、これらの根拠・判断資料を海外子会社からタイムリーかつ網羅的に入手する仕組みを構築する必要があります。さらに、税務申告業務を正確かつ効率的に実行できるような業務の見直しも欠かせません。

PwC税理士法人は、複雑化するタックスヘイブン対策税制に正しくかつ効率的に対処するため、適用可否判定や自動化を含む税務申告書作成業務の改善などを支援します。

サービスの特長

タックスヘイブン対策税制のリスクアセスメント

合算課税の対象となる海外子会社を抽出し、税額を試算します。また、海外子会社の業務の見直しや組織再編税制などによる税額への影響も調査します。

企業買収や国外組織再編時のタックスヘイブン対策税制の適用

企業買収や国外組織再編において、タックスヘイブン対策税制の適用可否の判定を実施します。また税務調査に備えた適法な文書作成を支援します。

リスク管理手法のアドバイス

複雑化した制度に対応するため、海外子会社からの関連情報の収集や海外子会社のタックスヘイブン対策税制上のステータス管理を支援します。

税務申告業務の自動化を含む業務改善

タックスヘイブン税制に係る税務申告業務を正確・効率的に実行すべく、情報の収集や申告書作成業務に対して自動化を含めた業務改善をサポートします。

企業がタックスヘイブン対策税制に適切に対応できるよう、以下のようなサービスを提供します。

  • 海外子会社に対してタックスヘイブン対策税制が適用された場合の税額を試算します。
  • 企業買収や組織再編の対象となる海外子会社に対するタックスヘイブン対策税制の適用関係を整理します。
  • 清算を予定している海外子会社に対するタックスヘイブン対策税制上の留意点をアドバイスします。
  • 海外子会社からの関連情報の収集を支援します。必要に応じて海外税務リスク管理ツールであるTax Operations Manager(TOM)を導入します。
  • 海外子会社のタックスヘイブン対策税制上のステータス管理を支援します。
  • 収集した関連データから税務申告書作成業務までの自動化を含む業務改善のアドバイスを提供します。
  • 将来の税務調査に備え、経済活動基準を充足していることを説明するために必要な文書を作成します。
  • 海外子会社への情報依頼から、情報収集、申告書別表への記載までを効率的に行えるデジタルツールを提供します。

PwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

インターナショナルタックスの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集
 

主要メンバー

村上 高士

パートナー, PwC税理士法人

Email

佐々木 浩

パートナー, PwC税理士法人

Email

白崎 亨

パートナー, PwC税理士法人

Email