山岸 哲也

パートナー, PwC税理士法人

国際税務/M&A
公認会計士、税理士、米国公認会計士

略歴

PwC税理士法人M&Aタックスグループリーダーとしてこれまでに培ったM&A及び国際税務に関する豊富な経験に基づき、ストラテジック・バイヤー、フィナンシャル・バイヤー双方にデューデリジェンスや買収ストラクチャリングを中心としたM&Aタックスサービスを提供するとともに、国内外の様々な多国籍企業に対して国際税務プランニング、クロスボーダー組織再編に関する国際税務アドバイスを提供している。また、PwC税理士法人米国タックスデスクのリーダーとして、米国における組織再編やM&A等、米国税務の観点からも日系多国籍企業を支援している。

1999年 PwC税理士法人入所。2004年より2007年までPwC 米国 シカゴ事務所出向。2007年イリノイ大学アーバナシャンペーン校(UIUC)ビジネススクール(Master of Tax)卒業。

お問い合わせ

Contact details

Email

プロジェクト実績

  • 大手重電企業による電力システム事業統合およびPMIにおけるクロスボーダー再編支援
  • 大手鉄鋼企業の統合およびPMIにおけるクロスボーダー再編支援
  • 大手飲料ボトラーの統合およびPMIにおける国内再編支援
  • 大手自動車部品パーツメーカーによるグローバルカーブアウト買収
  • PEファンドによる大手スーパーマーケットチェーンの買収
  • PEファンドによる大手シネコン買収
  • 大手自動車部品メーカー等に対する事業再生支援
  • 大手商社によるチリ銅山権益投資プロジェクト
  • 大手商社によるモザンビーク石炭権益投資プロジェクト
  • 大手商社によるイタリア石油・ガス権益投資プロジェクト
  • 大手自動車部品メーカーに対する実効税率最適化プロジェクト
  • 大手鉄鋼企業、大手アパレルメーカーに対する連結納税導入支援および連結納税申告書作成支援
  • 大手商社、製造業をはじめとする日系多国籍企業に対する国際税務顧問

など、その他多数の買収・投資プロジェクト、税務顧問としての関与実績を有する。

出版書籍・寄稿・セミナー・外部講師・その他実績

  • 日本租税研究協会「国際的組織再編等課税問題検討会」、「国際課税等実務検討会」専門委員
  • 税務大学校「米国の国際租税制度」講師(2017年~)
  • グロービス経営大学院講師(アカウンティング)(2018年~)
  • 「米国税制の最新動向・税務調査等に係る留意事項への対応」
    (主催:国際税務研究会、2019年5月28日開催)
  • 日経産業新聞フォーラム「クロスボーダーM&Aを成功に導くPMI」
    (主催:日本経済新聞社、協賛:PwC税理士法人 PwCアドバイザリー 森・濱田松本法律事務所、2017年2月1日開催)
    「税務PMIのあり方~税務ガバナンスの構築を見据えて~」
  • SMBCグローバルセミナー「東南アジア現地子会社に対する法務・税務ガバナンスのあり方(成長する地域でのリスクマネジメント)」
    (主催:三井住友銀行、2016年10月18日開催)
    「東南アジア現地子会社に対する税務ガバナンスの在り方、潮流について」
  • 「租税回避の否認に関する裁判例と実務」セミナー
    (PwC弁護士法人と2016年10月26日開催)