グローバルベースの実効税率マネジメント

クロスボーダー取引における二重課税の排除

一般的に、日系企業の実効税率は欧米企業よりも高くなっていますが、グローバル市場で欧米企業と競争していくには、「税」をコストとして捉え、他の営業費用と同様に適切に管理し、コスト低減を通じて企業価値を向上させることが求められています。税コストを低減するためには、アグレッシブなタックスプランニングを採用するのではなく、クロスボーダー取引に対して税法で認められる二重課税を排除する仕組みを徹底的に活用することが重要です。外国税額控除は最も代表的な二重課税排除方法のひとつです。また、海外の政策税制としての税恩典を享受したり、移転価格ポリシーを見直したりすることで、グローバルベースの実効税率が引き下げられることもあります。

PwC税理士法人は、グローバルベースの実効税率が自社のビジネスに基づくあるべき理論税率よりも高くなっている原因を分析し、国際的二重課税の排除などを通じて、実効税率の適正化を支援します。

サービスの特長

実効税率の比較分析

実効税率が自社のビジネスモデルに基づくあるべき理論税率よりも高くなっている原因を分析し、国際的二重課税の排除などを通じて、実効税率を適正にします。

移転価格税制による実効税率マネジメント

同業他社と自社の利益水準を比較することで税コストの適正化を目指します。税率を引き下げるために行き過ぎた所得移転を行わないようにすることが重要です。

アグレッシブな税務処理を抑止する税務ガバナンス

適正な納税は企業の社会的責任の一つです。グローバルベースの税務ガバナンス体制の確立を支援し、適正な納税の実行を推進します。

クライアントの実効税率が同業他社に比してあるいは自社のビジネスに基づくあるべき理論税率よりも高くなっている原因を分析するともに、グループ企業の税務ポジションやグローバルでのバリューチェーン等を理解することにより、アグレッシブなタックスプランニングを採用することなく、税金費用を合理化するための具体的方策をアドバイスします。

具体的には以下のような調査や検討を行います。

  • グループ各社の税務ポジションを把握し、国際的二重課税を調査
  • 海外子会社が現地の優遇税制の適用の機会を逸していないかの調査
  • 移転価格ポリシー等重要な税務関連情報を把握し、税効率を調査
  • 主要な商流・バリューチェーンおよびグループ各社の機能とリスクの把握
  • 主要な無形資産の開発・管理・所有に係る事実関係の把握

PwC税理士法人は、実効税率マネジメントに豊富な経験を有する国際税務および移転価格の専門家、クロスボーダー税務コンサルティングチームの「カントリーデスク」所属の海外税務専門家、PwCグローバルネットワークのメンバーファーム所属の現地税務専門家が一体となったチームを組成し、実効税率マネジメントの実行を支援します。

PwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

インターナショナルタックスの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集
 

主要メンバー

高島 淳

代表パートナー, PwC税理士法人

Email

山岸 哲也

パートナー, PwC税理士法人

Email

野田 幸嗣

名古屋・大阪事務所統括パートナー, PwC税理士法人

Email