間接税

世界各国の間接税サービスチームと連携をとりながら、国際取引にかかる間接税マネジメントに関するサポートを行います。

間接税マネジメントの重要性

世界各国が税収を間接税中心に移行しつつある中、グローバル企業における間接税マネジメントの重要性が増してきています。日本の消費税に関しても、消費税率の上昇や『国境を越えた電気通信利用役務に関する課税』の導入が行われ、また、軽減税率導入の検討に伴いインボイス(税額票)システムの導入が検討されています。

複雑な間接税システムを持つ国々との取引や進出等は年々増加傾向にあります。間接税の税率は日本よりも高く設定されている国が多く、特に欧州の付加価値税率は営業利益率よりも高いケースが多いため、グローバル企業にとっては想像以上にインパクトが大きくなりがちです。

このような環境を踏まえ、適切な間接税マネジメントを行うことで予期せぬ課税が発生しないよう、入念に検討しておくことが重要です。

国際取引における間接税のインパクト

loading-player

Playback of this video is not currently available

主要メンバー

村上高士(Takashi Murakami)

村上高士(Takashi Murakami)

PwC税理士法人 パートナー

Profile

最新の間接税ニュース

Contact us

Follow us