Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

適格請求書等保存方式(インボイス制度)対応支援

適格請求書等保存方式(インボイス制度)への対応

2023年10月1日より、複数税率に対応した仕入税額控除の方式として、適格請求書等保存方式(いわゆる「インボイス制度」)が導入されます。インボイス制度の下では、課税事業者として登録された「適格請求書発行事業者」が交付する「適格請求書」等を保存することが、仕入税額控除の要件となります。これは、1989年4月に日本で消費税が導入されて以来の抜本的な制度改正と言われています。

これにより、納税者は適格請求書等保存方式に対応した請求書の発行がシステム上問題なく行われるか、仕入税額控除に必要な情報が会計システムから入手できるかなど、システム面での確認や対応が不可欠となります。同時に、請求書が発行されないケースへの対応や、消費税確定申告を行うための業務フローの見直しなども必要となってくるでしょう。

そのため、インボイス制度の導入に際しては、対象となる取引や関係者を正しく把握するとともに、全社的な対応をとっていくことが求められます。

PwC税理士法人は、当該方式に適応するためのシステム対応や業務の見直しなど、さまざまな側面から支援します。

サービスの特長

請求書発行システム検証支援

新制度の要件を満たした請求書が正常に発行されるかどうか検証し、システム改修の必要性について検討します。

インボイス制度適用のための業務フロー見直し支援

煩雑な書類の処理や、受領請求書の適格性診断など、現状の業務フローを精査することで、新制度に適用するためのアドバイスを提供します。

インボイス制度適用に際する消費税申告書作成支援

積上方式、割戻方式のような消費税の計算において、新制度に対応した消費税申告を支援します。

プロジェクト管理支援

新制度に対応するための全社横断的プロジェクトの進行管理を支援します。

PwC税理士法人による適格請求書等保存方式の対応

PwC税理士法人による 適格請求書等保存方式の対応

PwC税理士法人による支援例

PwC税理士法人 支援例

間接税に関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

間接税の最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

メディア掲載

PwC税理士法人のパートナー、ディレクター、リーダー他が執筆した記事をご紹介いたします。

税務に関するメディア掲載

寄稿記事

メディア掲載, PwC税理士法人メディア掲載, 寄稿記事

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集

主要メンバー

村上 高士

パートナー, PwC税理士法人

Email

溝口 豪

ディレクター, PwC税理士法人

Email

朝倉 雅彦

シニアマネージャー, PwC税理士法人

Email