データドリブンマーケティング

データエコノミー時代において、データ活用力を競争優位の源泉にまで磨き上げることが企業経営にとって不可欠となっています。データ活用の効果は多大で、企業活動に有益なインサイトをもたらし、精緻かつスピーディな経営の実現に貢献します。
実際、グローバル時価総額トップ10は、データドリブン経営を体現するGAFAをはじめとするテックジャイアントの独壇場となっています。

データドリブン経営の中でも、マーケティング領域のデータドリブン化は、特に重要度が高い領域です。なぜなら消費者のデジタル化が進む中で、「個」の全体像を理解し、適切なマーケティング活動につなげていくためには、従来のリアル空間においても捕捉していなかったデータや、デジタル空間での行動データが必要不可欠になってきているからです。

さらにはポストコロナのビジネス環境において、「人による対面の」マーケティング・営業の在り方は、抜本的な見直しを迫られています。

PwCのアプローチ

データドリブンマーケティングを実現する上での最重要ポイントは、データドリブンマーケティングを小手先の取り組みとして終わらせるのではなく、組織のDNAに埋め込むことにあります。すなわち全社的なトランスフォーメーションに向けた取り組みが必須となります。

PwCコンサルティングでは、「社内にあるデータをどのようにマーケティングに活用すべきか」といった課題から「トップから現場まで、データドリブンマーケティングマインドをどのように埋め込んでいくか」といった全社的な課題までを一貫して支援します。

サービスメニュー

<現状診断・将来像策定・メカニズム特定>

  • データドリブンマーケティング成熟度診断
  • マーケティング戦略・ロードマップ策定支援
  • カスタマーアナリティクス支援

<インサイトに基づく仕組み化・マーケティング>

  • データ基盤構想支援
  • マーケティングモデル構想支援
  • 商品・サービス開発支援
  • タレントブランディング支援
  • マーケティングマネジメントプロセス策定支援
  • マーケティング領域の企業価値向上支援
  • フロント・間接業務BPR支援
  • 営業・マーケティング人材配置最適化支援
  • データドリブンマーケティング人材採用・育成支援
  • データドリブンマーケティング風土改革支援
  • 各種マーケティング施策実行チェンジマネジメント支援

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

武藤 隆是

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

髙木 健一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email