グローバル人材マネジメント

ビジネスのグローバル化とボーダーレス化が進むなか、企業は海外展開の程度にかかわらず、グローバル規模での課題解決がビジネスの成否を左右するようになっています。このような状況下、競争相手に対し優位を保つには、グローバルな労働市場から優秀な人材を獲得し、タレントを惹きつけ確保し続けることのできる人材マネジメントの仕組み作りやその確実な運用が重要となります。

私たちは、PwCのグローバルネットワークを最大限に活用し、グローバルな人材マネジメントにおける課題解決に向けた最適なソリューションを提供します。

PwCのサービス

グローバルモビリティ

近年、海外派遣の目的は多岐にわたり、複雑さを増しています。例えば、新規拠点の立ち上げや既存拠点の再整備や機能移管、技術支援やノウハウ移転、買収先企業のガバナンス、グローバル人材の活用、次世代リーダーの育成、若手優秀層の海外経験などが挙げられます。また、日本法人の社員を派遣するだけでなく、海外現法の社員の国際間異動・最適配置も大きな課題です。自社の戦略や方向性にのっとった海外派遣のあり方や戦略、制度について再考の必要性が高まっています。

PwCでは、海外派遣にかかる制度設計から派遣時の就労許可や税務など、海外派遣に関する課題解決をトータルで支援します。

View more

グローバル人事制度

グローバル競争を勝ち抜くためには、国籍を問わず優秀なグローバル人材の確保と育成が重要です。そのためには各国の人材ポートフォリオを明確化し、グローバル人材の採用・育成・最適配置、およびグローバル人材情報の可視化を速やかに実施する必要があります。また、海外関連会社に対するガバナンスの強化もこれまで以上に求められています。

PwCは、グローバル人材マネジメント戦略の策定から具体的な施策の立案まで、グローバルネットワークを活用しながら支援します。

View more

グローバルHRガバナンス

たとえ海外拠点に関する問題が表面化していないとしても、どこにどのようなリスクが潜んでいるかは分かりません。この、「分からない状態」こそがリスクであるとも言えます。

PwCでは課題解決に向け、まずアセスメントを実施し、その結果やガバナンスの目的・ありたい姿を明確にしたうえで、各領域におけるグローバル共通制度や意思決定プロセスへの日本本社/支社の関与方法や権限、グループ内での業務のあり方などを具体的に定義することを支援します。

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

北崎 茂

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

山内 学

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

イリッチ ヴラディミル

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

丹 明善

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

鶴見 裕加子

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email