ピープルアナリティクス

人事領域においても、「勘と経験」ではなく、「人材データの活用と分析」(ピープルアナリティクス)によって意思決定精度の向上や業務の効率化を図る動きが急速に広がっています。しかし、その関心度合いの高さに比して、実際に着手し、継続的にデータを分析・活用できている企業は必ずしも多くありません。

PwCは、人事領域とデータ分析の専門家が協働することにより、高度な分析手法を用いるだけでなく、組織・人事課題を踏まえた仮説の立案からデータ加工・分析、さらには分析結果に基づく示唆や施策立案・意思決定までを一貫して支援します。

また、データ基盤・運営体制の整備を支援し、「データドリブンHR」の実現に寄与します。

PwCのサービス

1.ピープルアナリティクスによる人事課題の解決支援

人事領域において、データの活用対象領域や活用されるデータの種類と量が急速に拡大しています。採用精度の向上や最適配置のみならず、適正人員数の算出や組織カルチャー醸成など、人事のあらゆる領域でデータ活用の取り組みが進みつつあります。また、従来型の人事データだけでなく、パルスサーベイやワークスタイルデータ、生体情報など、情報の種類やデータ量も飛躍的に拡大・増加しています。

PwCは、データの分析と活用を通じた人事領域の課題解決に豊富な実績を有しています。課題に応じた各種テンプレートを保有しており、それらを活用することで、仮説の立案、分析、分析結果に基づく示唆や具体的な施策・立案までの一連のプロセスを、スピーディーかつ効率的に実施することが可能です。

また、採用・配置などの個別領域に限らず、課題に応じて必要なデータを用いて領域を横断した分析を実施することで、さまざまな組織・人事上の課題解決に資するアクションプランを導きます。

<参考>

 

2.ピープルアナリティクスによるデータドリブンHRの実現支援

人材データの分析・活用に着手しても結果が出ずあきらめてしまう、1回きりのPoC(概念実証)で終わってしまう、属人的な取り組みとなってしまう・・・。こうした理由により、データを基盤とする運営体制が組織に根付かないケースが見受けられます。

人材データを経営・人事において効果的に活用していくためには、ピープルマネジメントのPDCAサイクルを自律的に回すことができる体制や基盤の構築が不可欠です。

PwCは、本領域における豊富な経験に基づき、人材・スキル、組織・ガバナンス、法務、システム、プロセスなどの観点から、強化すべきポイントを明らかにします。その上で、さまざまな状況に合わせた基盤・体制づくりのノウハウを活用して、分析から基盤・体制の整備・構築までを一貫して支援します。

主要メンバー

北崎 茂

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

三善 心平

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

井上 卓也

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山内 学

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

土橋 隼人

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

齋藤 冠郎

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.loadingText}}