海外事業支援へのPwCのアプローチとソリューション

先を見通すことがグローバル規模で困難な状況の中、日本企業の海外事業はさまざまな課題に直面しています。会計・監査、税務やイミグレーション面での対応はもとより、市場参入、現地法人の設立、戦略意思決定から現地でのサイバーリスク、システムやガバナンス体制の構築、そして業務の最適化や効率化のためのアウトソーシングまで対処すべき課題は多岐にわたっています。さらには非連続成長を実現するためのクロスボーダーM&Aや現地子会社の不正調査といったさまざまな分野において、法規制や文化・ビジネス慣習など、日本とは異なる環境に対応していく必要があります。

PwCのソリューション

PwCは、日本企業が海外展開で直面するさまざまな課題を解決すべく、業界や各サービスの専門家が一緒になって最適なソリューションを提供します。

PwCのアプローチと ソリューション

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}