ウェルビーイング(健康経営)

“Be well, work well”.

PwCは、従業員一人一人が心身とも健康で、高いモチベーションで仕事に取り組める環境づくりを進めています。

木村 浩一郎

PwC Japanグループ 代表からのメッセージ

PwCは「成功する人々はウェルビーイング(心身の幸福)を軽視しない。成功する組織はそこで働く人々がウェルビーイングを追求できるような環境を提供する。」という考えのもと、グローバル全体でウェルビーイングを推進しています。私たちが最終的に目指しているのは、従業員一人一人が心身ともに健康であり、PwCグループで働くことで成長実感や幸福感を感じ、自律的に高いモチベーションで仕事に取り組める組織です。PwCグループにとって、従業員一人一人が唯一の資産です。そして従業員が最高の状態でパフォーマンスを発揮することが、お客様への価値最大化につながるのです。

"Be well, Work well".

これからもPwC Japanは、ウェルビーイングに精力的に取り組んでいきます。

PwCあらた有限責任監査法人 代表執行役 木村 浩一郎

アプローチ

PwCは、ウェルビーイングを、1)Physical、2)Mental、3)Emotional、4)Spritualの4つの領域でとらえ、従業員が充実した仕事や生活ができるよう、各種施策や組織風土つくりを推進しています。

ウェルビーイングの強化領域

PwC Japanグループは、PwC健康保険組合と連携し、従業員とその家族のウェルビーイングを効果的に推進しています。

健康維持・増進活動の推進

従業員一人一人が健康的な生活が送れるよう、各種取り組みを推進しています。

主な取り組み

  • 定期健康診断
  • 法定検診以外の補助
  • 予防接種の補助
  • 歯科検診の補助
  • 健康電話相談システム
  • 検診結果で所見のあった社員への指導
  • ウェルビーイングセミナー(運動・食事・睡眠セミナーなど)
  • ウェルビーイング通信
  • マッサージルームの設置

メンタルヘルス対策の推進

メンタル疾患の予防や早期発見および休職からのスムーズな職場復帰のために、各種取り組みを推進しています。

主な取り組み

  • ストレスチェック(年1回)
  • メンタルヘルス研修(全社員・管理職向け)
  • 相談窓口(産業医・看護師常駐)
  • カウンセリングサービス
  • 職場復帰支援プログラム(勤務制限・産業医面談・カウンセリングサービスなど)

長時間労働対策の推進

働き方改革として総合的に取り組んでいます。

詳細はこちら

最新情報