Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ワークフォース・ストラテジー

従来、日本企業の人員計画は「量」の担保を重視しており、ポテンシャルを重視した新卒採用や断片的にポストの不足を埋めるための中途採用が主流とされていました。

しかしながら、新たなテクノロジーの活用が進み、グローバルワイドでの事業環境が急速に変化するなか、企業が必要とするスキルは刻々と変化しています。競争力を維持するためには、将来求められる人材・スキルに応じて「量×質」を担保する、戦略的な人員計画の実行が求められるようになっています。また、こうした人員計画の策定から採用戦略、育成計画に至るまでの一連のプロセスを、計画的かつ迅速に実行していくことが必要不可欠です。

PwCは、これらのプロセスにおいてワークフォース・ストラテジーのアプローチを用いながら、クライアントの人材獲得力強化を包括的に支援します。

PwCのサービス

1.戦略的人員計画策定(SWP)

将来求められる人材・スキルに応じた人員計画(Strategic Workforce Planning:SWP)を策定するために、事業戦略・事業環境の変化・現状の人員構成などを踏まえ、将来求められる人材やスキルのニーズを定義します。定義したニーズに対して、現状の人材供給状況とのギャップを分析し、ギャップを充足する計画を策定・実行・モニタリングします。

2.人員構成ベンチマーク(Saratoga)

Saratogaは、人材に関するさまざまな要素を測定するPwC独自のツールであり、組織生産性や人材マネジメントに関する世界最大規模のHR KPIベンチマークです。Saratogaを活用することにより、人員計画策定において2,600社以上の登録情報を基にした人員構成のベンチマークデータを参照することができます。

3.Employee Value Proposition(EVP)

策定した人員計画に対し、必要とされる人材の獲得力(アクイジション)・維持力(リテンション)を強化するために、PwCは社員が会社に期待すること(EVP:Employee Value Proposition)を踏まえた施策検討を支援します。

社員へのインタビューなどを通じて、報酬・キャリア・仕事内容・労働環境などの複数の観点で社員が「価値がある」と感じる内容を把握し、ペルソナごとにEVPを明確化します。

そのEVPに基づき、ペルソナごとに課題の優先順位・施策案を検討します。


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

北崎 茂

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

池谷 和之

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山内 学

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email