Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

100歳時代のヘルスケアデザイン

「100歳時代に向けて検討すべきことは幅広く、複雑な要素が絡み合います。しかし、現役世代の私たちが、健康に暮らすための「ヘルスケア」を幅広い視点で検討し、デザインしなおさなければ、100歳時代がこれからの世代にとって苦しいものになるかもしれません。私たちはこのヘルスケアに関する新たな枠組みを「100歳時代のヘルスケアデザイン」と呼称することとしました。

本連載では、以下の視点で各領域のスペシャリストが「100歳時代のヘルスケアデザイン」を検討する上で考慮すべき課題や取り組み、あるべき姿などについてコラムを執筆する予定です。

  • 先進テクノロジー×健康・介護
  • 医療データ×保険事業効果測定
  • MaaSなど新たなビジネスモデル×医療
  • 働く環境×健康増進 など

これらの中には突飛な施策や、実現に向けて課題が山積する施策もあるかもしれません。しかし、私たちはVUCA時代*という言葉に代表される、将来を予測するのが困難な時代においては、まずビジョンを描くことが重要だと考えています。これら一連のコラムが読者の知的好奇心を刺激し、一歩でもあるべき未来に近づく一助となれば幸いです。

*:VUCA時代:VUCAとはVolatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)Ambiguity(曖昧性)の頭文字で、将来予測の困難な状態」

{{filterContent.facetedTitle}}