AIの導入・利活用におけるガバナンス/管理態勢構築/評価支援サービス

PwCあらた有限責任監査法人(PwC)はアシュアランス業務の豊富な経験を生かし、AIの導入・利活用にあたって課題となるガバナンスやシステムリスク、業務リスク、プロジェクトリスク対策などに関する各種構築・評価支援サービスを提供しています。

AIを導入・利活用する準備は万全ですか?

労働者不足や業務の効率化・高度化などの経営課題に対処するため、さまざまな事業・業務領域でAIの導入が急速に進んでおり、今後さらに普及が拡大すると予想されます。一方で、AIが取り扱うデータの信頼性やセキュリティ、ブラックボックス化、学習データの品質不十分による誤処理、低い精度に依拠した業務実施、セキュリティ対策の不足による情報漏洩、非倫理的な利用などのリスクが生じています。また、AI導入の目的が不明瞭であることや、必要なデータが十分に蓄積されていないなどのプロセス、インフラに起因する課題がボトルネックとなり、導入に拍車がかからない、期待した成果が得られないなどの問題も発生しています。

このため、AIに対する考え方やリスク認識、それらを組織へ浸透・定着化させていく仕組み、セキュリティ対策やそれらが順守されていることをモニタリングしていく仕組み、すなわちAIを安全に導入・利活用するためのガバナンス/管理態勢が必要となってきます。

PwCが開発したAIの導入・利活用に係るガバナンス/リスク管理態勢フレームワーク


PwCは、アシュアランス業務で培ってきたガバナンス、セキュリティ、内部統制・業務監査などの知見、経験を活かし、AIの導入および利活用におけるガバナンス・リスク管理態勢構築の必要事項を洗い出すフレームワークを開発しました。本フレームワークは、個々のAIの重要度およびリスク評価、セキュリティ確保、業務監査対応などの「守り」部分のみならず、AI導入の目的達成のための戦略、組織変革、人材育成、プロセス・インフラ改善など「攻め」の部分も含んでおり、企業が戦略的かつ安全にAIを導入・利活用するためのポイントを明示しています。

本フレームワークを活用し、組織におけるAI導入の目的・方針やリスク認識の浸透・定着化、業務リスクの低減、セキュリティ対策などを支援します。さらに、AI導入に際するリスク対応にとどまらず、多くの企業が抱えるデジタライゼーションおよびデジタルトランスフォーメーションに関する経営課題の解決に、ガバナンス・リスク評価の観点から貢献することを目指します。

提供サービスの例

AIガバナンス構築支援

・全社レベルでのAI管理体制や管理ルールの策定を行う

AIに係るシステムリスク評価

・策定したAIガバナンスに対して、システムリスク管理態勢の観点から対応状況を評価

AI導入に伴う業務リスク評価

・経営判断または業務上の判断に係る重要なAIの特定

・AIを用いた整備状況・運用状況に係る課題整理

・重要なAIを用いた業務変革などの課題対応

AI導入プロジェクトのリスク評価

・AI導入プロジェクトの目的の阻害要因など、当事者であるPMO(Project Management Office)が認識することが難しいリスクについて、第三者の目線で客観的に評価する

主要メンバー

宮村 和谷

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

米山 喜章

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

浅水 賢祐

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

鮫島 洋一

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}