Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

地方創生サービス

人口減少・高齢化の中で、持続可能な地域づくりを支援します。

避けられない地方の人口減少

総人口の減少、生産年齢人口比率の低下、高齢化といった問題が、同時かつ急速に進行しています。これらの変化によって社会にさまざまな歪みの発生が予想され、現実に則したまちづくりのデザインおよび取り組みが急務であると考えられます。

負のスパイラルからの脱却を目指す

公共サービス・インフラは住民の安心の基盤であり、まちづくりの重要な要素の一つです。しかし、公共サービス・インフラを取り巻く課題は、深刻な負のスパイラルに陥る可能性があります。需要・歳入の減少を前提に構造変革を実施しないと、地域の公共サービス・インフラ維持がますます困難になることが懸念されています。

地域特性に合った生き残り施策の見極め

地域が抱える課題は一様ではなく、置かれた環境による個別性が高いと言えます。人口減少・高齢化が進展する中で「住み続けられるまち」であるために、地域事情に即した施策を見極めることが重要です。また、いかなる施策も、事業としての収支が成立すること、すなわち、財務的に持続可能であることが求められます。

主な支援内容

地方創生×ソーシャルビジネス

社会課題が多様化する中、行政の福祉的施策には限界があり、民間がビジネスとして行う社会課題解決に向けた取り組みに期待が集まっています。

地域一体でソーシャルビジネスを促進するため、PwCでは地域の産学官金および非営利団体との連携をコーディネートしています。私たちは、地域特性と各ステークホルダーのニーズを把握した上で、連携の内容や体制といったビジネスモデルを検討することが継続・拡大のために重要と考えています。

地方創生×SDGs

地方自治体におけるSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた取り組みは、官民連携による推進が不可欠です。PwCでは自治体および地域の民間団体からニーズや課題をヒアリングし、SDGsの達成と地域課題解決の両者を実現するための取り組みの検討と体制構築を支援しています。また、住み続けられるまちづくりに関心のある自治体・企業を地域の枠を越えて巻き込み、課題検討や知見共有を行うことで、解決に向けた施策の創出を目指しています。

地方創生×エマージングテクノロジー

PwCでは、近年急速に発達しているデジタルデバイスや、デジタル技術の進化、ビジネスにおけるさまざまな接点の高度化、最適化を推進しています。今後加速する人口減少や高齢化による人材不足、インフラ設備の老朽化など社会的な課題が増える中で、この課題解決の手段の一つとしてドローンやロボティクス、ブロックチェーンを活用したビジネスと新たなインフラの活用が注目されています。

エマージングテクノロジー

地方創生×宇宙

地方自治体に対する自然災害・獣害・環境保護・インフラ設備の老朽化などの対策要求が増加しています。一方で、少子高齢化時代では広範囲の対応をとることが困難となっています。PwCは、衛星データを活用した災害対策や環境保護などを効率的に行うための取り組みを支援しています。

宇宙ビジネス向けコンサルティング

地方創生×新規事業創出

多くの地域企業が自社基盤となる当該地域の経済力低下による影響を受けています。既存の自社事業だけでは限界を感じている地域企業も少なくありません。PwCではBXT(Business、eXperience、Technology)の観点から地域企業の新たな収益事業創出と地域経済の向上に向けてビジョン策定から実行支援まで幅広いソリューションを提供しています。

BXTとは既成概念にとらわれないイノベーションを創出するためPwCが開発したアプローチ手法です。ビジネスとテクノロジー、そして「直感的に面白く、これまでになかった体験」というエクスペリエンスの3つの軸から変革の成功を支援します。

地方創生×エネルギー

人口減少地域においては、これまで以上に公共サービスの維持や災害対策が課題となります。PwCでは、地域経済の循環と公共サービスの維持を目的とした公共・公益サービスの統合化と広域化・分散型エネルギーの導入支援や、災害時の事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)を考慮した地域エネルギー管理システムの構築を支援しています。

地方創生×産学連携

地域課題解決にあたり、多くの地域では知見が集約できておらず、また一社で投入可能な資源に限界があることが課題として挙げられます。PwCでは産学連携を起点に地域の複数プレイヤーを巻き込み、オープンイノベーションの推進による地域課題解決アプローチを提供しています。

地方創生×教育

IoTやAIの時代に備えて子どもたちのICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)リテラシーなどのスキルを育むためには、授業だけでなく課外での学習が重要視されています。

PwCでは障がいの有無にかかわらず子どもたちが地元の大人とプログラミングなどのICTを楽しく学び合う仕組み(地域ICTクラブ)の構築に関する実証実験を支援しました。地域ICTクラブに必要な体制を検証し、活動の普及・拡大に貢献しています。

PwCコンサルティング、九州大学と地域イノベーション人材育成に向けた共同プロジェクトを開始
PwCコンサルティング、九州大学と地域イノベーション人材育成に向けた共同プロジェクトを開始

地方創生×事業再生

地域経済の衰退に伴い地域企業の経営環境は厳しさを増す一方、地域経済の活性化には地域企業の活力が欠かせません。

PwCでは、地域の特性に合わせた事業計画の作成や伴走型での改善施策の実行により、地域の主力産業・企業の経営危機からの脱却、地域への貢献を軸にした成長戦略の策定と実行を支援します。

地方創生×人材確保

人口減少が顕著な地方においては、現場の働き手だけでなく中核人材や経営後継者などの不足も問題となっています。

地方の企業の雇用・労働環境の実態調査や、優良事例の収集・発信により企業側の変革を促します。また、人材確保支援政策の実証実験や、支援機関の業務改善などを通じて、行政サービスの改善も支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}