地方創生の新たなカギとなる「デジタルノマド」

  • 2023-08-10

2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)という極めて感染力の高いウイルスが地球を席巻しました。この病原体は感染力が強く、中国で最初の感染者が確認されて以降、瞬く間に世界規模で感染者や死者を生みました。その結果、多くの国において人々は他者との接触や密を避けるために自宅待機を強いられました。そして、時代は従業員の在宅勤務を雇用主が推奨するリモートワーク時代へと突入し、労働環境におけるデジタル化が加速しました。

今回のパンデミックで社会に定着したリモートワークは、これまで出社のために勤務先の近くに居住する必要があった働き手をその束縛から解放しました。労働従事者は、勤務地にとらわれることなく、時に国外からであっても、これまでどおりの労働力を提供するといった選択肢を獲得するに至ったのです。こうした勤務形態の変化により、ワーケーションという形で地方や国外に居を移し、日常生活も楽しみながら仕事をする人たちが珍しくなくなりました。

本レポートでは、仕事と旅行を組み合わせたライフスタイルを送る「デジタルノマド」が注目される背景とともに、日本、特に地方自治体にとってのデジタルノマド招致の意義を観光振興やイノベーション創出の観点から検討します。

地方創生の新たなカギとなる「デジタルノマド」

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

林 泰弘

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

谷井 宏尚

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

池田 紫乃

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

栗村 法身

シニアアソシエイト, PwCコンサルティング合同会社

Email

上杉 敏文

シニアアソシエイト, PwCコンサルティング合同会社

Email

本ページに関するお問い合わせ