テクノロジー業界向けコンサルティング

日本におけるハイテク業界は従来、自動車産業と並び日本経済を牽引する存在でした。しかしながら、昨今の破壊的なデジタル技術革新により業界の垣根がなくなり、異業種からの新規参入やプラットフォーム事業者の台頭による苛烈な生存競争の波にさらされているのが現状です。

このような状況下、日本を代表するハイテク企業は、顧客の特定のニーズに対して価値(製品・サービス)を提供するのみでなく、顧客を内包する「社会」が抱える課題の解決に向けた新規事業の創出や、異業種や競合企業、サプライヤー、顧客を巻き込んだ、業界の枠や国境にしばられることのない、新旧のステークホルダーが広く共存共栄できるエコシステムの構築に取り組むことが急務と考えられます。

PwCのコンサルティングチームは、変革のドライバーとも言うべきデジタルソリューションに関する深い専門性と、国内外に対する幅広い支援を可能にするグローバルなネットワークを活用し、クライアント企業のイノベーション創出を実現します。

経営戦略・事業戦略コンサルティング

グローバル化の進展やテクノロジーの進化によって、市場や産業構造が大きく変化しています。波状的に押し寄せる破壊的な変化の波にのみこまれることなく、これらを新たな価値を生み出すためのチャンスと捉え、さらなる成長を目指していくためには、企業はこれまで以上に経営の高度化を図っていく必要があります。

PwCは、企業が非連続な未来を創り出し、新しい事業そのものを生み出していくことを支援します。

View more

カスタマー(顧客戦略、マーケティング)コンサルティング

インターネットの時代を通じて、世界はモノ売りからコト売りへ、すなわちサービス化へとシフトしてきました。そして今、第4次産業革命が到来し、AI/IoTコネクテッドの時代を迎えようとしています。ほんの10年前、いったい誰が現在のビジネス世界を予測できたことでしょう。不確実な未来を予測することは困難であり、未来は自らの手で創造していくしかありません。

PwCは、企業が非連続な未来を創り出し、新しい事業そのものを生み出していくことを支援します。収益化につながるゴールを定義し、AI/IoTを活用した営業最適化やマーケティングオートメーションとの連携、ビジネスモデルの再構築を通じ、企業の売上・利益の向上に貢献します。

View more

デジタルコンサルティング

昨今、多くの企業が「デジタル化」、「デジタルを活用した新サービス」を検討していますが、実装できている企業は少ないのではないでしょうか?

PwCでは、デジタル技術のうち、既に多くの企業において活用が進みつつある「IoT/AI」、「ブロックチェーン」を中心に、クライアントの新事業検討、業務効率化・高度化を支援しています。さらに、異業種からの金融事業参入が増加している背景を踏まえ、「フィンテック」に関する戦略立案も支援しています。

これらのサービスでは、新技術をどのような領域に活用できるのかといった戦略策定から、実際にクライアントからデータを預かり、実証実験を実施しています。さらにその結果を踏まえ、有望なテーマの実行に向けた仕組み構築(業務プロセス設計、ツールの検討、組織・人事制度の検討など)までを一貫してサポートすることにより、戦略策定や実証実験にとどまらない、実ビジネス化を支援します。

View more

ITコンサルティング

IoT、AI、データアナリティクスなどのデジタルテクノロジーが急速に進展する中、いかに最新のテクノロジーを活用し、環境変化の波を捉えたビジネスを展開するかが重要になっています。

IT部門においても、ビジネス部門と緊密に連携したテクノロジーを起点とする新規ビジネス創出支援、ビジネスをスピーディーに遂行できるITシステムへの移行、それらを実行するためのデジタル人材の育成など、デジタル化時代の課題に取り組む「攻め」の姿勢が求められています。

また同時に、事業に深刻な打撃を与えるセキュリティ脅威に対する対策など、「守り」の取り組みの重要性も増しています。

PwCは、ビジネスにおけるデジタル技術をはじめとする多岐にわたるITの専門家が、事業戦略を踏まえたIT戦略策定、IT導入、定着化をトータルで支援します。

View more

SCM・調達コンサルティング

現在の多くの企業の関心事は、トップライン向上に向けた戦略的投資であり、コスト構造改革に向けた取り組みの優先順位が以前と比べ劣後している、という声が聞こえてきます。

しかし、成長戦略に向けた投資余力を創出し続けるためにこそ、継続的にコスト改革に取り組み、企業支出の7割~9割を占める調達費を戦略的に管理・抑制し、捻出したコスト削減効果を投資源泉とする循環システムの構築が肝要です。

また本来、「価格決定権」や「サプライヤー決定権」は調達部門が「専権事項」として管理すべきものですが、多くの企業においては、全社集中化を前提とした調達費目の網羅的なコスト最適化までは実現できていない状況にあります。

これらの課題に対し、PwCでは過去の豊富な経験を通じて蓄積されたノウハウやベンチマーク情報に基づき、短期間でコスト削減余地を抽出、計画策定から実行支援を含め、成果連動型のソリューションを提供します。

View more

財務コンサルティング

グローバル化に伴う収益高度化とコスト削減の実現など、経営環境が多様化・複雑化する中で、企業はさまざまな難問に立ち向かうことが求められています。PwCは、このような状況下においても企業が成長し続けられるよう、財務会計や税務の適正化に加え、全社データを活用したコストと収益の適正化やグローバルでの原価管理の高度化を支援します。

またデジタルテクノロジーを活用し、RPAやAIによるオペレーション業務の徹底的な自動化・効率化、品質の飛躍的な向上によるさらなるコスト削減および数値データ分析・インサイト提供による経営の迅速かつ正確な意思決定と事業力強化を支援します。

View more


コンサルティング事例紹介

PwCがこれまでに支援したテクノロジー業界のコンサルティング事例をご紹介しています。

詳細はこちら


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

安井 正樹

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

木村 弘美

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

松岡 英自

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

渡邉 巌

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

長谷川 宜彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

豊島 良彦

マネージングディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email