テクノロジー業界における産業用制御システム(ICS)セキュリティ

産業機器やデバイスのIoT化が進む中、産業用制御システム(ICS)セキュリティの重要性が高まっています。

今日、さまざまな企業が合併や買収を繰り返し、異業種との連携による新事業領域への進出を加速させています。特にテクノロジー業界やメディア・エンターテイメント業界、通信業界においては、年々M&Aを行う企業数が増加し、今後も伸び続けることが予想されます。

また国内市場の飽和に伴い、日本企業による海外市場への進出は拡大を続けており、テクノロジー業界や通信業界においても同様の傾向が見られます。同時に、海外法人における設備投資額も増加傾向にあり、現地での製造工場建設が進んでいます。

このような状況下、買収企業や海外の製造工場に対する本社のガバナンスが効きにくい状況が生まれており、IoT化の進展とも相まって、製造工場におけるICSに対するセキュリティリスクが非常に高まっています。

製造業に対するサイバーリスク

ロボティクスやIoTネットワーク化などにより製造プロセスが高度化する一方で、制御システム(OT;Operational Technology)に対するサイバーリスクが高まっています。

製造系のセキュリティ事故発生の割合は年々増加し、日本企業においてもグローバルレベルで被害が発生しているため、対策が急務となっています。

PwCのICSセキュリティ支援

PwCは、テクノロジー業界におけるICSセキュリティを支援しています。ICSとサイバーセキュリティに関する豊富な知見を活用し、製造企業の工場における、アセスメントによるネットワーク化されたICSの可視化や、セキュリティ評価、あるべき姿の定義、ロードマップの策定、プロセス・技術対策の実装を支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

内村 公彦

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

中川 綾

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

石川 慶紀

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

大西 裕樹

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email