税務業務におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)

日系企業における税務業務デジタルトランスフォーメーション(DX)

税務を含む業務全般に対してITテクノロジーを活用し、新規ビジネスの創出や業務プロセスの再構築による最適化を図っていくデジタル・トランスフォーメーション(DX)は、全世界の企業において喫緊の経営課題として認識されています。このDXを成功させるためには業務の標準化とデータ化(システムが認識し処理可能な形式化)が必須といえ、これらが進んでいる欧米にあるグローバル企業は、従来のプロセスやデータの流れを見直し、業務の効率化や高度化を図ることで企業価値を向上させています。一方、業務の標準化・データ化が相対的に遅れている日系企業は、まずはブラックボックスと化している業務内容を可視化し、業務標準化とITテクノロジーの活用を含めたデータ化を同時に進める必要があります。

DXによって、日系企業の税務部門は、従来の税務申告業務などを自動化することで、税務コンプライアンス業務に費やす時間を削減し、より高度な業務を遂行するようになります。将来の税務人材は、ITテクノロジーを駆使し、経営層や事業部等の意思決定に資する付加価値の高い情報を提供することが必要になります。DX化は、単に伝統的な税務業務の効率化だけではなく、データを活用したOutputや税務人材のデジタルスキルのレベルアップももたらします。

税務業務DXにおけるワンストップサービス

PwCは、ERPといったデータの上流領域から、税務申告書や経営層向け税務報告書などのレポーティングといった下流領域まで、ワンストップで支援します。

  • データの上流領域であるERPに関連して、会計帳簿・書類のペーパーレス化となる電子帳簿保存の導入
  • 中流領域であるデータ収集について、情報管理プラットフォームであるTax Operations Managerの構築
  • ETLツールを活用した、税務ロジックを踏まえたデータの抽出、集計、加工による業務の効率化
  • 加工後の税務データに基づく税務申告書を作成するAutomationの提供
  • BIレポーティングによる情報の可視化と税務リスク分析の高度化
  • DX化を推進することによる業務継続性の向上

また、これらのサポートを行うに際し、税務コストやリスク管理のインフラに相当する税務ガバナンスの整備もあわせて支援します。

税務ガバナンス・レポーティングに関するPwCの主なサービス

税務ガバナンス・レポーティングの最新情報

主要メンバー

高島 淳

代表パートナー, PwC Japan

Email

川崎 陽子

パートナー, PwC税理士法人

Email