Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

Plant Digital Transformation

プロセスプラントのDX推進支援

製造業各社は、人手不足や高齢化、設備コスト増大といった「経営課題」や環境・エネルギー制約などの「社会課題」に直面しています。これらに取り組む上で、データや情報という新たな経営資源をいかに活用するかが課題解決に向けた大きなひとつの鍵となります。一方で、プロセスプラントには膨大な量のデータが集められているものの、データの活用目的が明確でない、粒度が統一されていないといったことから、十分に活用しきれていないケースも散見されます。

図1 製造業におけるPlant Digital Transformation

Plant Digital Transformationの全体像

図2 Plant Digital Transformationの全体像

PwCは、デジタルやテクノロジーを活用することでプロセスプラントのオペレーション実績や資産状況、リスクを予測的かつリアルタイムに可視化し、プラントの保守や投資に必要なコストの削減、生産性や安全性の向上、不良品の削減を実現することで、収益の改善、信頼性およびオペレーションの向上を支援します。

Plant Digital Transformationの実施ステップ

プラントマネジメントにおけるDXの実現に向け、全体の構想策定から取り組み、情報やデジタル技術の活用による業務オペレーションの効率化や保全業務、教育などの高度化を目指します。
Plant Digital Transformationの実施ステップ

サービスの特長

デジタル改革の基礎となるデータ基盤の構築から、データの可視化・分析、オペレーションの最適化まで、進捗状況や課題をリアルタイムで明確にした上で最適なソリューションを提案します。
図表4 サービスの特長

ダッシュボードによるデータ可視化・活用

時系列データ、画像データ、経営・生産に係る各種指標をリアルタイムに可視化・分析することにより、オペレーションの最適化や経営の意思決定をサポートします。

図5 ダッシュボードによるデータ可視化・活用

異常検知・異常予測の高度化

プラント全体にわたる広範囲な運転データを解析することで、異常傾向の検出や、その原因の分析をスピーディーに行います。また、プラント全体に関する運転データや、これまでデータ統合していなかった情報を機械学習モデルや深層学習モデルと組み合わせることで、異常検知や異常予測の高度化、省力化を実現します。

図6 異常検知・異常予測の高度化

デジタルベースの原価管理を実現

センサーデータ、稼働データなどの高精度かつ粒度の細かいデータをリアルタイムで収集・分析することにより各種ロスを可視化し、データの解析を進めることで生産性の向上などにつなげます。

ノウハウ・技術の伝承

熟練作業者の運転・操作・操縦に係るデータを取得し、条件や手順をモデル化することで属人性を排除した適切なオペレーションを実現します。また分析・計画時に必要なデータや知見を集約化して業務を標準化します。

図8 ノウハウ・技術の伝承

スマート保安推進のための構想策定

設備の老朽化による検査負担の増大とベテラン人材の引退による人材不足に対応するため、スマート保安の推進が求められています。スマート保安の実現に向けて、関連技術の成熟度や関連規制の改正方針を考慮しながら、中長期的な計画の策定と実行を支援します。

図9 スマート保安推進のための構想策定

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

矢澤 嘉治

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

能登 大輔

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

加山 孝太郎

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email