ハイブリッドアプローチによる次世代型需要予測

高精度で高速な予測算出を行う独自モデルを開発し、需要予測にまつわるさまざまな課題への対応を可能に。適用範囲の広さ、災害後の精度劣化防止、最新アルゴリズムのタイムリーな搭載などを特長とするソリューションです。

AI時代/グローバル時代に熾烈さを増す競争下で求められる、オペレーションの高効率化

人工知能(AI)をはじめとする新興テクノロジーが浸透し、またグローバル化がますます進む中、企業は以下のような課題やリスクに多角的に取り組むことが求められています。

  • 労働人口減少に起因する人材不足や業務スキル不足への対応
  • グローバル化、災害やパンデミックなどで顕在化したサプライチェーン上の課題
  • 増加し続けるセンサーデバイスからのコネクテッドデータ/リアルタイムデータの最大活用
  • 業界の枠を越えたバリューチェーンの拡大(製造業のサービス業化、リテール業の製造業化)
  • 年々加速する商材の短ライフサイクル化(多品種化、少量化)
  • 世界的なSDGsトレンドとの調和

高精度、高品質かつ多面的な予測算出による競争力の維持・向上

企業がこれらの課題に取り組み、成功を収めるためには、オペレーションを高いレベルで効率化することが必要です。需要予測は全てのオペレーションの起点です。高精度で高品質かつ多面的な予測をすることでオペレーションの効率化が進み、競争力の向上・維持を実現することができます。

従来の需要予測は、データが豊富にある一部の主力品に限られ、対象範囲が極めて限定的でしたが、PwC Japanグループが提供する次世代型の需要予測ソリューションであるMultidimensional Demand Forecasting(以下、MDF)は、多数の実際のプロジェクトを通じて継続的な改良を重ねた独自開発のアルゴリズムにより、広範なカバレッジを有しています。MDFは、従来対象とすることが困難だった以下のような点に対応し、オペレーション上の課題解決を支援します。

  • 独自開発のハイブリッドモデルによる高精度&高速な予測算出
  • 災害発生後の予測精度劣化の防止
  • 補修部品/サービスパーツの需要予測
  • 商品企画段階からの需要量算出、発売直後のタイムリーな生産調節への連携
  • 少量品/ロングテール品への対応
  • 最新アルゴリズムのタイムリーかつ安全な適用

マルチインダストリー対応の実践的ソリューション

企業は既存ビジネスに対する守りの施策(コスト削減やオペレーション効率化など)を進める一方で、新規ビジネスの創出やバリューチェーンの拡大といった攻めの施策をとる必要があります。

MDFは、さまざまな業界に対する多くの実際のプロジェクトを通して蓄積された知見や、磨き上げてきた実践的アルゴリズムを提供します。

また、単に予測ツール・アルゴリズムを提供するのではなく、PwCのコンサルタントが持つサプライチェーン領域における各種専門性や戦略立案に関する知見を活用し、クライアントの事業における導入効果の最大化を実現します。

loading-player

Playback of this video is not currently available

データ全体に1モデルのみで対応しようとすると無理が生じ、十分な精度を保てない、学習処理量が増大する、モデルが複雑すぎて解読できないといったことにつながります。データを特性ごとに適切に分割(=層別化)し、おのおのに最適なモデルを無理なく適用することで、高い予測精度を実現します。


ソリューション事例

事例1:製造業

確率分布を用いて、完成品モデル(家電、自動車、生産設備など)の世の中での実稼働台数(UIO)を推定します。推定したUIOに基づき、おのおのに使用されている部品(サービスパーツ)の不具合発生を予測し、交換需要量を推定、部品の在庫計画の精度を向上させます。


事例2:消費財・小売・流通

多様なデータを活用し、多数のSKU(商品の最小管理単位)・店舗を対象に、日次での客数・販売数予測算出(SKU別・店別・日別)を行います。高精度な独自ハイブリッドモデルを用いた予測により、機会損失や廃棄ロス、在庫レベルを低減させ、高い導入効果を達成します。

AI経営

加速度的に増えていくデータを、AIを活用して迅速にビジネス価値に結びつけ、経営判断を実施することが、企業にとって重要な経営アジェンダとなるでしょう。

この経営アジェンダを確実に推進していくためには、ビジネス、テクノロジー両方の理解に加え、それらを統合したビジョンを描き出すことが求められます。

PwCは、経営判断の中枢にさまざまな側面でAIを活用し、ビジョン策定から、テクノロジー・ディストラプションとチェンジマネージメントを実現する「AI経営」という方法論を使い、イノベーション創出を支援します。

詳細はこちら

AI 経営

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

藤川 琢哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

三善 心平

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

河野 芳明

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email