女性活躍推進

PwC Japanグループの各法人に在籍する全ての女性がさらに輝き、個々が最大限に活躍できるよう、周囲の理解を促進する取り組みを実施しています。

PwC Japanグループでは、経営に女性の視点を取り入れることが組織の成長に不可欠であると考え、女性リーダーの輩出に力を入れています。育成、採用、定着の観点から分析した現状をもとにKPIを設定、モニタリングし、女性リーダーを生み出すプロセス強化のための施策を進めています。

主な取り組み

  • 女性役員登用、若手女性育成
    • スポンサーシップ制度、メンタリング制度
    • 女性リーダー向けコーチング
    • 若手女性職員向けリーダーシップ研修
    • 育児休職者向けの復職準備セミナー

女性活躍推進法への対応(行動計画策定とえるぼし認定の取得)

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)は、女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備することを目的とした法律です。PwC Japanグループの各法人は女性活躍推進法に基づき、行動計画を策定し、全ての女性が輝き、十分に力を発揮できるよう、働きがいのある職場環境を目指して継続的な取り組みを進めています。

また、女性活躍推進の取り組みが優良な企業として、厚生労働大臣の認定(えるぼし認定)をPwCコンサルティング合同会社で取得しました。PwC Japanグループの全ての法人で取り組みを強化しています。

行動計画、「えるぼし認定」取得状況は、厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」において公表しています。

次世代育成法への取り組み(行動計画策定とくるみん認定の取得)

次世代育成支援対策推進法(次世代育成法)は、日本の急激な少子化の進行に対応して、次代の社会を担う子どもの健全な育成を支援するための法律です。PwC Japanグループの各法人は、次世代法に基づき、行動計画を策定しています。さまざまなバックグラウンドを持つ職員の仕事と家庭の両立を支援し、十分に力を発揮できるよう、働きがいのある職場環境を目指して継続的な取り組みを進めています。

また、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)の取得をPwCあらた有限責任監査法人、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人で取得しています。PwC Japanグループの全ての法人で取り組みを強化しています。

行動計画および「くるみん認定」取得状況は、厚生労働省「両立支援のひろば」において公表しています。