中村 賢次

パートナー, PwC税理士法人

金融部
税理士

略歴

日系信託銀行勤務を経て、2000年にPwC税理士法人に入所。銀行・証券会社を含む金融機関の取引や金融商品、上場J-REITや私募REIT、TMK/TKなどを含む不動産投資ストラクチャー、ヘッジファンドやプライベートエクイティファンド、インバウンド・アウトバウンド双方のクロスボーダー投資等、多岐に渡る税務アドバイザリーを行う。また、PwCにおける再生可能エネルギー事業に関する税務アドバイザリーをリードしている。

お問い合わせ

Contact details

Email

プロジェクト実績

  • 上場J-REITの合併に関する税務アドバイザリー
  • 多数の上場J-REITおよび私募REITの設立および運営に関する税務アドバイザリー
  • 非営利型法人の組成および運営に関する税務アドバイザリー
  • タイ上場会社グループによる日本の太陽光発電ビジネスへの参入に関する税務アドバイザリー
  • 外資系ファンドによるホテル事業買収に関する税務アドバイザリー
  • シンガポールREITによる日本の不動産投資に関する税務アドバイザリー
  • 大手米系企業による投資ファンド組成に関する税務アドバイザリー
  • 日系大手機関投資家に対する世界各国における税還付プロジェクト

その他実績

  • 「不動産投信の実務」(中央経済社、共著)
  • 「集団投資スキームの会計と税務」(中央経済社、共著)

プロフェッショナルビジョン

単に税務上の取扱いを説明するだけのアドバイザーではなく、クライアントのビジネスを理解し、クライアントの意向を的確に把握し、クライアントと一緒にソリューションを見出していく、常にビジネスマンとしてのマインドを持った税務アドバイザーでありたいと考えています。