運輸・物流 ‐ M&Aに関わる実行支援

国内の物流業界では、メーカーの物流子会社の買収やフォワーディング機能の統合、チルドや3PLを得意とする物流企業をターゲットとした提携が進んできました。これらは、同種貨物の集約による物流プラットフォームの構築、物量増・波動性吸収によるコスト競争力の強化や、新規サービスの獲得によるサービスラインナップの拡大などを通じて、荷主に対するサービス・価格両面での提案力を高めることを目指したものでした。今後、荷主の海外進出や海外での貨物増加が進む中で、物流企業には海外展開の強化が求められると考えられます。

PwCはこれまで物流業界のM&Aにおいて、候補企業の選定や交渉、デューデリジェンス、価値算定などさまざまなサービスを提供し、ノウハウを蓄積してきました。これらのノウハウにPwCのグローバルネットワークを掛け合わせることで、今後も物流企業の国内・海外M&Aのプロセス全般を支援します。

プロジェクト実績(抜粋)

  • 国内大手鉄鋼メーカーの子会社である海運事業会社と国内大手海運会社のグループ会社との合併における財務・税務デューデリジェンス
  • 国内大手商社によるシンガポールの港湾管理会社の公開買付による買収における財務・税務デューデリジェンス
  • 国内大手物流会社による国際貨物事業会社の株式取得にかかわるファイナンシャルアドバイザリー業務、財務デューデリジェンス、バリュエーション業務
  • 国内大手物流会社による大手電機メーカーの物流子会社株式取得における財務・税務デューデリジェンス、バリュエーション、モデリング、税務ストラクチャリング

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

川村 健

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

青木 義則

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email