運輸・物流 ‐ M&Aに関わる統合支援

M&Aにおいて、株式取得によって子会社化し、シナジーの早期実現を目指して業務プロセスの統合を早急に実施するケースや、法人格を合併する場合においても、ゆるやかな統合を目指して業務プロセスの統合をすぐには行わないケースもみられます。また海外の会社を買収した場合に、統合時には、現地マーケットを熟知する経営陣の自立性を尊重する目的から、現地での事業および財務に関する報告義務のみを課すケースも見受けられます。

統合の度合いは被買収会社の事業や外部・内部要因によってさまざまであるものの、親会社として、買収した会社をも含む、グループ全体としての価値をさらに高めるためには、被買収会社に対してコントロールを利かせるための要点を押さえて、グループとしての会社経営を進めていくべきではないでしょうか。

運輸・物流業界では、グローバルレベルでの競争が激化する中、被買収会社の既存物流網をいかに取り込んで、迅速にグループ全体としてのサービス提供範囲を拡大するか、いかにサービス品質を向上させるかが、競争を勝ち抜くための鍵になると考えています。

特に、統合計画を策定する際には、被買収会社が所在する地域の社会インフラの整備状況が大きく影響するのも、運輸・物流業界の特徴です。私たちは、経験豊富な専門チームがグローバルで培った数多くの経験を基にした知見と方法論を活用し、買収後の統合レベルに応じて、コントロールを利かせるためのポイントをおさえつつ、迅速にシナジーが発現できるよう支援します。特に、海外企業を買収される場合には、被買収会社の所在国のPwCメンバーと連携し、One Global Teamとして、国民性や文化の違いを踏まえたグローバルレベルでのチェンジマネジメントに対するクライアントのチャレンジについても支援します。

被買収会社に対してコントロールを利かせるポイント

買収後の統合支援アプローチ


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

川村 健

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

金澤 信隆

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email