運輸・物流 ‐ ディールアドバイザリーの主要サービス

官民パートナーシップ(PPP)・インフラ

アジア経済圏などの興隆に伴い、わが国を取り巻く人的交流や物流の環境が大きく変わりつつある中で、わが国の国際競争力強化の礎となる交通・物流インフラは時代に即した変革が求められています。
PwCは、PFI・PPP分野における長年にわたる経験を生かし、国をはじめとする公的機関の財政状況が逼迫している状況の下、官民の適切な役割分担によって次代の経済活動を支える新たな時代の交通・物流インフラの仕組みづくりや価値創造を支援します。

M&A

M&Aに関わる実行支援

製造拠点としてだけでなく将来の販売市場としても期待される東南アジアや、経済が回復基調にある米国など、荷主企業の国際物流に対するニーズは拡大しており、物流事業者にとって国際的なサービス網の整備拡大は喫緊の課題となっています。M&Aはこの課題を解決する有力な手段ですが、PwCは日本と海外のネットワークを生かし、M&Aの対象地域、獲得する物流機能の検討から買収後のシナジー実現まで、M&Aプロセス全般にわたり一貫した支援を行います。

M&Aに関わる統合支援

グローバルにおけるM&Aの動きは、運輸・物流業界においても、今後ますます活発化することが想定されます。私たちは、M&Aによる価値最大化を実現するために、経験豊富な専門チームがグローバルで培った知見や方法論を活用し、迅速なシナジーの発現に向けて、クライアントを支援します。

事業再生

空輸業界はLCC時代の幕開けに伴う事業構造の転換、海運業界は市況に左右されない収益構造の安定化、また陸運業界は過当競争の中での収益性確保など、グローバル化の進展や規制緩和と相まってさまざまな経営課題を抱えています。私たちは、長年培ってきた当業界の豊富な経験を基に、マネジメントと連携し、経営戦略の立案、事業計画の策定、経営管理の高度化、資金調達などに向けた支援を行います。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

川村 健

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

青木 義則

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email