プライバシー

PwCは、プライバシー・リスク・マネジメントを通じて企業が信頼のおけるブランドを築くために、個人情報の活用に伴うリスク対応とデータ活用を支援します。

企業が直面するプライバシーの課題

ビジネスをグローバルに展開する企業においては、世界各国で変化し続けるプライバシー関連法令の状況をいち早くキャッチし、コンプライアンス体制を整備することは最低限の責務と言えます。

パーソナルデータを取り扱う企業には、各国の法規制を遵守した上で、自社サービスのプライバシー保護に関するユーザーや社会からの期待に応えるために、適切なプライバシー戦略を確立することが求められます。

loading-player

Playback of this video is not currently available

PwCのアプローチと提供サービス

PwCは、コンサルティング、監査、法務の専門家を有しています。各分野のエキスパートが、クライアントのプライバシーに関する課題の解決を、総合的に支援します。具体的には、世界各国のプライバシー関連法令のモニタリングを通じて、クライアントのビジネスに合わせて対応すべきプライバシー規制とのギャップ調査や、対応計画の立案と実行をサポート。さらにはグローバルスタンダードや業界の最新動向を踏まえて、プライバシーに配慮したデータ活用ビジネスの戦略立案から実行までを支援します。

積極的なデータ活用を見据えた『攻め』と『守り』のプライバシー ― TMI総合法律事務所/PwC

今後、企業・組織がデータを利活用しながらサービス・製品などの拡充を進めるためには、プライバシーを考慮することは大前提となります。本インサイトシリーズでは、企業がデータ活用を積極的に進めるために考慮すべき事項を法的観点とともに解説します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

AIおよびアナリティクス活用におけるプライバシーの論点

デジタル社会においては、人工知能(AI)およびアナリティクスを活用したデータドリブンなビジネス展開が主流になるでしょう。ただ、そこで企業や組織が気を付けなければならないのが、プライバシーの問題です。安全・安心にデータを取り扱い、顧客や消費者に上質なサービス体験を提供するために、企業に求められることとは何か。議論を進める上で重要になる論点を、シリーズでお届けします。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

外村 慶

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

綾部 泰二

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

林 和洋

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email