Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

人材サービスの未来予想-2030年における人材サービスの役割

2020-12-22

デジタル化による産業構造の変化とともに、人々の価値観が多様化し、ビジネス環境もあらゆる業界で大きく変化しています。また、人材サービス業においては、働き方改革の浸透や人生100年時代の到来により、人々の働き方・仕事に対する考え方も変わってきました。人材サービス業は、企業と個人をつなぎ、産業発展のインフラ機能を果たすという非常に重要な役割を担っており、これらの変化に対応することが強く求められています。

PwCは長年にわたり、人材サービス業界の課題解決を幅広く支援してきました。その一助となるべく、本レポートでは2030年の働き方について複数のシナリオをもとに人材サービス業界に求められる役割の変化を考察しました。備えるべき未来を見据え、自社のサービスポートフォリオの見直しや新サービスの検討、獲得すべきケイパビリティを検討する際に役立てていただければ幸いです。

主要メンバー

南出 修

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

石本 雄一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

長山 達昇

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

阿部 麻衣子

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email