Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

税務情報のレポーティング

税法によって税務当局への提出が義務付けられる税務情報ではなく、企業がESGやSDGs戦略を遂行するための一手段として、税務ガバナンスポリシーや全世界の納税状況などの税務情報を自主的に広く開示することが注目されはじめています。

企業活動における環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の3要素を指すESGは、投資家の投資意思決定に係る判断基準の重要な一部を形成しつつあります。日系企業においても、ESGを中長期的視点に立った事業戦略に係る課題として捉え、その取り組みをステークホルダーに対して非財務情報として開示するケースが増えてきています。税務ガバナンスなどは「G」に含まれ、これらを自主的に開示することで、ESG銘柄の格付け上の加点事由となることもあります。

税法が要求する税務情報の適時適切な開示は、税務当局に対して透明性の高い情報を提供していること(高い遵法性)の証左になります。また、税務ガバナンスなどに係る情報の自主的な開示は、企業が法令に基づく十分な納税義務の履行によって政府の公的サービスの財源供給に寄与していること(社会との共生)を主張できるというメリットがあります。

サービスの特長

税の透明性の確保と税務ガバナンス

税の透明性確保を企業の社会的責任のひとつとして捉え、適正な納税を全世界で実行させるために不可欠なグローバルベースの税務ガバナンス体制の構築を支援します。

税務情報の自主的な開示

企業がESGやSDGs戦略を実行するため、自主的に開示する税務情報の範囲や内容をアドバイスし、開示されるデータの抽出や加工を支援します。

税務ガバナンスポリシーや全世界の納税状況などの税務情報は非財務情報の一部と位置付けられ、ESG報告書、CSR報告書、サステナビリティ報告書などを通じて開示されています。最近、企業の財務情報に加えて、非財務情報を開示するニーズが高まってきています。

税務ガバナンス・レポーティングに関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務ガバナンス・レポーティングの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

高島 淳

代表パートナー, PwC税理士法人

Email

白土 晴久

パートナー, PwC税理士法人

Email

白崎 亨

パートナー, PwC税理士法人

Email