サステナビリティ経営管理支援

PwCでは、サステナビリティの管理目標とKPIの設定支援の他、自社活動が外部の環境社会に及ぼすインパクトの評価支援、非財務要素が自社の財務に与えるインパクトの見える化支援を実施しています。

中長期的な利益のために、なぜインパクト評価が重要なのか

外部不経済を招来しかねない、短期的な利益追求を前提とした従来型のビジネスモデルでは、企業として存続できない時代が到来しつつあります。サステナビリティ経営は、環境・社会に配慮したビジネスを通して、外部経済への貢献と中長期的な利益獲得の両立を目指します。環境・社会に配慮して中長期的に利益を生み出す基盤を整えるには、以下の段階的な取り組みが必要です。

  1. 企業の価値創造に結び付く環境・社会の重要課題を特定する
  2. 特定した重要課題への取り組みと中長期的な価値創造ストーリーを整合させる
  3. 特定した重要課題について、関連する指標設定やモニタリングを実施し、適切な経営資源配分や戦略的な意思決定につなげる

サステナビリティ経営の実現には、これらのステップを経た上で、経営判断に非財務情報を取り入れていくことが重要です。実際、経営者を対象に実施された意識調査では、非財務情報を経営管理に活用することに対し、多くの経営者がすでに高い関心を持っていることが明らかになっています。

【非財務情報に関する経営者の意識調査】

【非財務情報に関する経営者の意識調査】

一方で、いざ非財務情報を経営判断に生かすとなると、多くの経営者が以下のような疑問に直面します。

サステナビリティ経営を目指す上での経営者の疑問

  • なぜ非財務情報の価値を計測・評価することが重要なのか
  • 企業にとって環境・社会の重要課題は何なのか、またそれはなぜなのか
  • どのように価値の計測・評価を行い、どう活用したらよいか

これらの疑問を解消し、適切で効果的なサステナビリティ経営管理を図るためには、企業のサステナビリティ活動の影響を可視化する「インパクト評価」から始めることが有効です。

サステナビリティ活動が及ぼす影響・価値を測定し、効果的なサステナビリティ戦略の策定とKPIの設定を達成するために

PwC Japanグループは、経営管理に生かすための「インパクト評価」を支援します。

インパクト評価は、企業活動を起点に、1.環境・社会(ES)へのインパクト評価2.企業の財務へのインパクト評価の2つに分類できます。PwC Japanグループでは既存ツールを利用し、これらの可視化を支援します。詳細は、各サービスの紹介ページをご確認ください。

サステナビリティ経営を行うにあたって、企業が抱える疑問・課題

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

山﨑 英幸

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email