Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

環境・社会へのインパクト評価支援

環境・社会へのインパクト評価は事業会社や金融機関から大きな関心を集めつつあり、評価の標準化に対するニーズも高まっています。こうした動きを受けて、世界ではフレームワークやスタンダードの確立を目的とするイニシアティブとして、Impact Management Project(IMP)やValue Balancing Alliance(VBA)*1などが発足しています。

*1:PwCは、VBAに対するプロボノ支援や、IMPに対する助言の提供などを行っています。

環境・社会へのインパクト評価を用いて何ができるのか

意思決定への活用

環境・社会へのインパクトの可視化によって、企業のリスクと機会がより明確になります。多岐にわたるサステナビリティ課題の中で、企業が取り組むべき活動を比較し、優先順位付けをすることで、目標を設定しやすくなります。

また、非財務価値の金銭価値化は、財務的観点と非財務的観点の比較に基づく意思決定を容易にします。インパクト評価によって、財務価値と非財務価値のトレードオフが完全に解決されるわけではありませんが、一つの尺度のもとで比較することにより、企業が乗り越えるべきトレードオフが明確になるとともに、トレードオフを乗り越えるための対策を考える第一歩になります。

レポーティングおよびステークホルダーとのコミュニケーション

企業活動を通じた持続可能な企業価値の実現や、ステークホルダーのための価値創造を、目に見える形で提示しながらコミュニケーションを取ることができます。ESG投融資やサステナビリティへの関心が高まる昨今、投資家や従業員を含むステークホルダーとの対話の中で、企業の貢献と課題を明確にすることは重要です。

金融機関の場合は、投融資先の企業に対するエンゲージメントの中で、インパクト評価を基にしながら、改善点を建設的に議論することができます。

活用イメージ

環境、社会、税務、経済の総合的な影響度を定量評価することによって、最適な意思決定を行うためのフレームワーク。

Total Impact Measurement and Management―非財務関連のアウトプット指標から環境・社会インパクトを金銭価値化

PwCが提供する環境・社会インパクト評価サービス、「Total Impact Measurement and Management」は、CO2排出量、大気汚染物質の排出量、創出された雇用者数、労災により損失された労働機会など企業活動による環境・社会関連のアウトプット指標値を基に、企業活動が「環境」「社会」「税務」「経済」に与えるインパクトの大きさを金銭的な価値に換算して評価します。

金融機関の場合、投融資先の企業のインパクトを評価することで、投融資を通じたインパクトを測定することができます。

インパクト評価結果イメージ

PwCのメソドロジー

まず、評価対象となる活動に投下されたリソース(インプット)と実際に行われた活動(アウトプット)から、当該活動によって引き起こされた直接的な変化(アウトカム)、そしてアウトカムが環境・社会・税務・経済にもたらした影響(インパクト)までの一連の因果関係からなる影響経路(インパクトパス)を描きます。このインパクトパスを基に、インパクトを金銭価値化するロジックを設計します。インパクトの金銭価値化を行う際には、経済学、社会福祉経済学、統計学を参照し、サステナビリティ領域における最先端のアプローチを活用しています。

インパクト額の算出イメージ


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

山﨑 英幸

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

アナスタシア ミロビドワ

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email