インシデントレスポンス

企業を脅かすサイバー活動が激化しています。重要インフラや事業継続への影響はもちろん、経済的損失やビジネスに及ぶ損害が、世界的にも一層深刻になっています。企業は、セキュリティインシデントが発生した際の対応(レスポンス)を迅速かつ的確に実施するための十分な能力を備えておく必要があります。

PwCのアプローチ

PwCは、幅広い知識と経験を持つ専門家からなるサイバーセキュリティインシデント対応チームを有しています。バイリンガルのスタッフで構成されていることもまた、チームの大きな強みです。PwCのグローバルネットワークを活用し、APAC、AMERICAs、EMEAの各現場で支援を行っています。

インシデント対応アドバイザリー

  • セキュリティインシデントに対応する組織(C-SIRT)の構築支援、現状の組織体制の評価およびアドバイスを提供します。
  • ビジネスモデルや企業特性に合わせて、インシデント対応計画やインシデント対応プレイブックを作成します。
  • ステークホルダーマネジメント(顧客・法務・広報・ベンダー・政府対応など)に関するアドバイスを提供します。

デジタルフォレンジック

  • サイバー攻撃を受けたホストの証拠保全、ログの分析、マルウェア・フォレンジック分析を実施します。
  • 詳細な分析によりIndicator of Compromise(IoC:侵害の指標)を特定し、インシデントの根本原因を特定します。

ステークホルダーマネジメント

  • 第三者の中立的な視点で、組織内の複雑なステークホルダーマネジメントを支援します。
  • 広報、法務、事業部、経営陣、役員会など、インシデントのライフサイクルに関わる企業内の全てのステークホルダーと連携しながら実施します。

インシデント対応リテイナー

  • セキュリティインシデントが発生した場合にオンデマンドでサポートを提供するために、年間契約サービスも提供しています。
  • セキュリティインシデントが発生した場合、ただちにPwCのサイバーセキュリティ専門家チームがインシデント対応(デジタルフォレンジック)を支援します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

林 和洋

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

雨宮 崇

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email