事業再生、事業再編・再構築、経営改革

Start adding items to your reading lists:
or
Save this item to:
This item has been saved to your reading list.

企業が直面する経営課題の解決に向け、「実効性ある解決策の提供」と「信頼関係に基づく長期的支援」により事業再生、ならびにM&A・カーブアウトを含めた事業再編・再構築、経営改革実行をサポートします

グローバル競争の激化と、より複雑で不確実化する事業環境の中、変化やリスクへ対応しきれないために業績不振に陥る、または資金不足に悩むなどのケースが見られます。このような状況から抜け出すには、企業が抱える本質的な課題を見極め、適切な打ち手を適切なタイミングで講じる必要があります。しかしながら、リソースやノウハウの不足により、渦中にいる企業だけでは打ち手のスピードや内容が不十分なため、なかなか結果に結びつかないのも事実です。

PwCアドバイザリー合同会社は、事業再生ビジネスの黎明期である1999年より、常に当該分野の前線で数多くの企業を支援してきました。これまで支援した企業の業種や規模、抱える課題は多岐にわたっており、企業が対峙する経営改革のさまざまな局面において、実績に裏付けされたサービスを提供することが可能です。 豊富な事業再生の経験と高度な専門知識を持つプロフェッショナルが、ビジネスモデルの転換期・再成長の局面にある企業や、業況悪化・債務超過や資金繰り逼迫局面の企業に対して、状況を見定め適切な支援を行います。

さらに、業績改善や財務再構築にとどまらず、詳細なデューデリジェンスによる実態把握や、リストラクチャリングの局面におけるM&A、つまりは事業再編・再構築・M&Aに関する支援、資産売却などに関連したサービスを、各部門の連携やグローバルネットワークを活用しながら一貫して対応することができるのも、PwCの強みです。クライアントの直面するさまざまな経営課題に対する解決策をワンストップで提供することができるため、個別ではなく全体最適の経営改善が可能となります。

サービスの内容

事業計画策定支援

計画を着実に実行するためには、実現可能性の高い事業計画であることが前提です。加えて、金融機関や株主など利害関係者の納得を得るためにも計画の蓋然性は重要となります。客観的視点に基づく事業・財務デューデリジェンスにより実態を「見える化」した上で、適切かつ実現性の高い計画策定を支援します。
また、業績改善や事業再構築に関わる中長期的な経営戦略の策定や、個別の改善施策のアクションプランにおいても、その業界に対するPwCの知見を活用し、本質的な課題に踏み込んだアドバイスを行います。

(支援テーマ例)

  • ビジョン・事業戦略策定
  • 改善施策の策定・具体化
  • 事業計画(数値計画)、資金計画の作成
  • 既存の数値計画の検証
  • 経営改善・再生スキームの検討

計画実行・モニタリング支援

事業計画の実現には、当事者が納得して確実に実行に移すことが不可欠なため、中立的な第三者の立場から社内外の関係者の合意形成を支援します。また計画実行段階において、外部環境の変化や実行体制の不整備により計画通りに進捗しない場合に備え、経営の実態をタイムリーに把握し変化に対応できる仕組み作りから、モニタリング会議への参加などを通した仕組みの定着まで、現場に即した継続的な支援を基本としています。

(支援テーマ例)

  • 実行・モニタリング体制構築
  • 計画実行にかかる社内外調整
  • 経営管理強化・高度化

金融機関や株主など利害関係者の調整

資金調達体制の維持や融資の継続には、金融機関や株主など利害関係者の理解・協力が欠かせません。数多くの実績に裏付けされた専門知識や関係者の立場への理解を基に、円滑な協力取付に向けた支援を行います。特に金融支援を含む場面など、ハードルの高い案件経験も豊富であり、多数の関係者の調整が可能です。

(支援テーマ例)

  • 金融機関や株主などの意見調整
  • 利害関係者への事業計画説明

事業再編、再構築、M&A(不動産を含む)支援

  • 事業再編、再構築とは、企業の置かれているステージに応じた経営資源の最適なポートフォリオを実現することで収益力を強化し、企業価値を向上させることであり、経営状態が悪化し、財務体質の改善が急務な局面だけではなく、企業を成長させる段階においても重要な経営戦略となります。
    • 事業計画の策定・見直し、新たな事業展開のためのポートフォリオの見直し、新規事業の創出、既存事業とのシナジーのある事業・会社の買収や不採算およびノンコア事業の切り出し(カーブアウト)や売却、新たな事業提携先やスポンサーによる資金支援などのM&A手法を使って事業再編や再構築を行っています。また、その対象地域は国内だけではなくグローバルに展開しており、海外を含めた連結グループ全体での企業・事業価値の創出を志向しています。事業再編、再構築を続けている企業こそが持続的な成長を実現させており、企業価値を向上し続けています。つまり、事業再編・再構築においてM&Aは必要不可欠な戦略となっています。
  • また、事業再編では、不動産の取り扱いが大きなイシューとなります。不動産は、企業にとって重要な事業基盤であるとともに、投資対象としての側面を有しており、再生局面においては担保としての価値がクローズアップされます。組織再編・M&Aに伴う製造・販売拠点網の見直しや統廃合、所有不動産の有効活用によるROAの改善、ノンコアアセットの資金化など、企業価値の向上という観点で有効に機能する不動産戦略が求められます。特に再生局面においては、徹底した情報管理とステークホルダーに説明可能な透明性の高いプロセス運営の両立が求められ、独特のノウハウを要します。
  • 事業再編スキームの策定から、売手・買手のリードアドバイザリーおよび交渉支援、各種デューデリジェンスの実施まで、高度な専門知識を有するプロフェッショナルにより、M&Aをワンストップで支援します。また、不動産関連業務としては、不動産を絡めた戦略の策定から、鑑定評価、不動産の売却・取得におけるトランザクションサポートまで提供します。

PwCのサービス

1.M&Aの実行支援

事業再編・再構築におけるM&Aを成功に導くためには、適切な候補先の選定と、迅速なディールの実行が求められます。PwCの事業再編チームは、これまでも国内外を含む数多くのスポンサー選定、M&Aアドバイザリー(FA業務)、各種デューデリジェンスの実績を有しており、最適なスポンサー選定および円滑なディールの実行を支援します。

(支援テーマ例)

  • 潜在的売手・買手候補リストアップ(ロングリスト、ショートリストの作成)
  • フィナンシャルアドバイザリーサービス
    • 売手・買手側のリードアドバイザリー
    • 財務、税務、事業デューデリジェンス、事業計画の策定・検証、バリュエーション
    • 売却・買収に関するストラクチャリングアドバイス
    • M&A交渉支援、タームシートおよびM&Aに関する契約書(SPA、SHAなど)に関する財務面からのアドバイス
    • カーブアウト(事業分離)財務諸表作成・検証および売却・買収支援

2.利害関係者合意形成支援

M&Aは企業活動において非常に重要な意思決定事項であり、適切なガバナンスの実現のためには、取締役会・株主、金融機関に対する説明責任を果たす必要があります。PwCの事業再編チームは、これまで数多くの利害関係者への説明、合意形成に関する支援実績を有しており、円滑なディールの実行を支援します。

(支援テーマ例)

  • 取締役会や、各種利害関係者への説明、合意形成支援
  • 説明資料の作成支援、サポート

3.不動産関連業務

経験豊富なプロフェッショナルが、事業再編・M&Aに伴う多様な不動産イシューに対して、全体最適の観点から高品質なサービスを提供します。

(支援テーマ例)

  • トランザクション
    • 売却支援(財務インパクトシミュレーション、買手の探索、入札プロセスのオーガナイズ、クロージングサポート)
    • 取得支援(物件探索およびスクリーニング、ストラクチャリングアドバイス、取得交渉支援、クロージングサポート)
  • コンサルティング
    • 不動産戦略の策定支援、拠点配置の最適化に係るアドバイザリー業務、不動産投資に係るアドバイザリー
  • 調査、評価
    • 不動産マーケット調査、鑑定評価

事件・事故などによる一時的な業績急落が起きた企業に対して、過去のさまざまな案件経験に基づき、迅速かつ的確な対応をアドバイスします。また、緊急措置の後の競争力、信用力回復に向けたコミュニケーション戦略の立案・実施においても、きめ細かいサポートが可能です。

(支援テーマ例)

  • 対応方法検討
  • 資金繰り管理
  • メディア、関係省庁の対応
  • 調査支援(フォレンジックサービス)

PwCの事業再生・経営改革サービスの特徴と強み

 

 

サービスの特徴

  • 本質的な課題解決
    • 事業・財務デューデリジェンスなどの客観的分析による、本質的な課題の見極めとビジョン・戦略策定
    • 抜本的な改善を目指した、顧客企業との信頼関係に基づく長期的・継続的支援
  • 具体的なプランへの落とし込み
    • 蓋然性の高い数値計画への落とし込み
    • 現場実態に配慮した施策のアクションプラン化、モニタリング体制の構築
  • 強力な実行計画の推進
    • 計画策定から、施策実行・モニタリングの一貫した支援
    • 得意分野を生かした適材適所のスタッフィングで、実行フェーズを効率化

強み

  • 歴史に裏付けされた信頼
    • 事業再生ビジネスの黎明期である1999年より最前線でサービスを提供
    • 金融機関・株主説明や意見調整、同意取付による資金調達にかかる経験多数
  • 豊富な案件に基づくノウハウ
    • あらゆる危機対応における案件実績とコネクション
    • 世界158カ国のネットワークによる最新事例とグローバル展開支援
  • 高い専門性と幅広い分野をカバーしたメンバー
    • インダストリーフォーカスした事業再生のプロフェッショナルスタッフ
    • 財務・会計・M&A・税務・戦略・IT・人事など、専門部署との社内横断的チーム編成が可能

主要メンバー

服部 基之

PwCアドバイザリー合同会社 パートナー, 東京

Email

木下 智幸

PwCアドバイザリー合同会社 パートナー, 東京

Email

古明地 正寛

PwCアドバイザリー合同会社 パートナー, 東京

Email

小堺 亜木奈

PwCアドバイザリー合同会社 パートナー, 東京

Email

倉田 治

PwCアドバイザリー合同会社 パートナー, 東京

Email

森野 智博

PwCアドバイザリー合同会社 パートナー, 東京

Email

最新情報

Contact us

Follow us