重山 祥一

重山 祥一

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

専門分野・担当業界

事業再生、危機対応

略歴

1996年大手都市銀行に入行後、約10年の過半を大型不良債権処理・企業再生支援に従事。その後約4年間、PEファンドにて投資業務および投資先上場企業への経営参画を経たのち、2009年9月にPwCアドバイザリー株式会社(現PwCアドバイザリー合同会社)入社。

入社後は一貫して事業再生部門にてさまざまな事業再生・再編案件に従事。クライアントの意思決定における各種アドバイスや再建計画策定のサポートをはじめ、クライアント先に常駐して計画実行をリード。直近4年はグローバルに事業展開する上場企業の再生案件に関与。その再建策検討においては数値関連タスクを統括し、日本における民事再生手続きにおいて、クライアント・申立代理人団をサポートした。

現在、PwCアドバイザリー合同会社の事業再生部門における危機対応サービス担当中核メンバーの1人であり、特に、法的手続進行中の案件や法的手続申立の可能性もあるような経営危機案件に対するアドバイザリー業務をリードしている。

Contact details

Email