Financial Processes Analyser(FPA)

PwCが開発・提供する継続的なデータ分析プラットフォーム、Financial Processes Analyser(FPA)は、ビジネス全体を俯瞰し、さまざまなインサイトを提供します。

統合分析プラットフォーム:PwCのFinancial Processes Analyser(FPA)

PwCのFinancial Processes Analyser(“FPA”)は、継続的なデータモニタリングを可能にするデータ分析プラットフォームです。

FPAは、PwCの外部監査・内部監査・アドバイザリーの経験と知見に基づく150種類以上のさまざまなテストシナリオを実装しており、自動分析機能を提供します。FPAは、継続的な内部監査、モニタリングの高度化を実現することはもとより、サンプリングによる内部統制の有効性の評価からだけでは認識できなかった事案の識別を可能とし、新しいインサイトの導出をサポートします。

データ分析からインサイトを得るための実務的な課題

新しいデジタル技術とビジネスモデルは、私たちのビジネスにおける価値提供に多大な影響を与えています。そのような状況において、膨大なデータをいかにうまく活用できるかは多くの企業にとって大きなチャレンジとなっています。

実務面からみると、データ分析から実りあるインサイトをいち早く獲得するうえで、「分析が複雑すぎる」「必要なデータにアクセスできない」「人材・スキルが足りない(データサイエンティストの採用が困難)」など、多くの企業にとっての共通課題があります。

PwCのアプローチ

「収集したデータから、適正かつ迅速な意思決定のためにいかにインサイトを導き出すことができるか?」

前述の実務面での課題を克服するべく、PwCでは独自に継続的なデータ分析プラットフォームを開発し提供しています。このプラットフォームを利用すると、一つのアプリケーション上で、主要な財務プロセスにおける全てのデータを統合・分析することができるようになり、深いインサイトをより早く獲得できます。

FPA 7つのモジュールの紹介

FPAは総勘定元帳、販売、購買、従業員経費、給与、運転資金、データ品質の7つの分析モジュールを用意しており、ビジネスやリスクの態様に応じて即時に活用できるように、150種類以上のテストシナリオを提供しています。分析モジュール、テストシナリオは今後も追加予定です。

詳細はこちら

監査におけるデータを活用したリモートモニタリング

働き方改革、デジタルトランスフォーメーション、パンデミック対策などで在宅勤務・テレワークが推進されている中、監査においても国内外を問わず遠隔地の拠点に対するモニタリング方法の見直しが求められています。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

久禮 由敬

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

浅野 圭子

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

浅水 賢祐

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

荻野 創平

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

成戸 宏隆

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

今村 峰生

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email