FPA 7つのモジュールの紹介

FPAは総勘定元帳、販売、購買、従業員経費、給与、運転資金、データ品質の7つの分析モジュールを用意しており、ビジネスやリスクの態様に応じて即時に活用できるように、150種類以上のテストシナリオを提供しています。分析モジュール、テストシナリオは今後も追加予定です。

総勘定元帳分析モジュール

仕訳入力は経営者による内部統制の無効化につながると多くの人が考えています。仕訳を直接入力することで、内部統制プロセスを迂回し、通常のビジネスプロセス外で取引を作成または変更し、エラーや不正を隠蔽することが可能です。

総勘定元帳モジュールは、当該リスクへの対応として作成されました。

仕訳データを検証する一連のアルゴリズムを使用し、よりリスクの高い取引や財務プロセス、システムにおける非効率さを特定することに役立ちます。

多数の部署や担当者により入力された仕訳に対して、よりリアルタイムに近い頻度でのモニタリングが可能です。

サンプルダッシュボード

サンプル1

会社、勘定科目、ユーザー、仕訳の種類など、さまざまな切り口で、100%の仕訳データを検証します。

View more

サンプル2

勘定科目の借方および貸方の組み合わせをパターン化し、通例ではないパターンを特定します。

View more

サンプル3

特定のパラメータ(通例でない金額の仕訳や異常な時間帯の仕訳など)に対するテストを実施します。

View more

サンプル4

検証対象を絞り込むため、個々の会計仕訳にドリルダウンができます。

View more

サンプル5

データの傾向を調査し、ビジネスの生産性を向上させるための分野を特定します(手動入力仕訳と自動入力仕訳の特定など)。

View more

サンプル6

テキストマイニングを活用し、仕訳の摘要欄の異常なキーワードを特定します。

View more

標準分析メニュー(例示)

テスト

  • 同一の起票者・承認者の組み合わせ
  • 使用頻度の低いユーザー
  • 使用頻度の低い貸借の勘定科目の組み合わせ
  • 日付を遡及して入力された仕訳
  • 締め日後に入力された仕訳
  • 通例でない金額
  • 通例でない時間帯の入力
  • 通例でないキーワード(摘要欄分析)

プロファイル

  • ベンフォードの法則による異常値分析
  • 勘定科目ごとの概要分析
  • 多額な金額の仕訳に関する分析
  • 仕訳入力者ごとの概要分析

販売分析モジュール

販売分析モジュールにより、得意先マスター、受注、売上請求、返品および入金に係るデータに対して、深い分析が可能です。

販売分析モジュールを利用することで、得意先および販売取引全体を調査し、異常な販売活動を特定することや、非効率なビジネスを特定することにより潜在的な収益獲得領域を発見することができます。

サンプルダッシュボード

サンプル1

テストの概要には、受注から売上請求、入金までの一連のテストに関するサマリー情報が表示されます。

View more

サンプル2

テスト結果を分析して、異常な取引(受注情報と請求情報の不一致など)を特定します。

View more

サンプル3

得意先別に、期間内の販売実績や入金実績、テスト結果などのサマリー情報を集約したダッシュボードを提示します。

View more

サンプル4

選択した範囲の受注情報、請求情報、および入金情報をひもづけて表示します。

View more

サンプル5

得意先の種類、エンティティ、入金条件など、さまざまな切り口でテスト結果を詳細に分析します。

View more

サンプル6

国の腐敗認識指数(Corruption perception index)によって評価された得意先の所在地を明らかにするためのマップを表示します。

View more

標準分析メニュー(例示)

得意先マスター

  • 自社の株主/役員を雇用している得意先
  • 通例でない得意先マスター情報(入金条件なし、連絡先情報なし、従業員情報と類似しているなど)

受注

  • 通例でない時間帯での処理
  • 遡及受注

売上請求

  • 重複している可能性がある請求書
  • マスターデータにない得意先への請求書

返品

  • クレジットノートの概要
  • 返品された取引に係る通例でない金額による請求

入金

  • 通例でない入金金額
  • 入金期日分析

購買分析モジュール

購買分析モジュールにより、仕入先マスター、発注、購買請求、返品および支払いに係るデータに対して、深い分析が可能です。

購買分析モジュールを利用することで、仕入先および購買取引全体を調査し、異常な支出パターンの特定や、購入ガイドラインの順守状況を監視することができます。

サンプルダッシュボード

サンプル1

テストの概要には、発注から購買請求、支払いまでの一連のテストに関するサマリー情報が表示されます。

View more

サンプル2

テスト結果を分析して、異常な取引(注文書の情報と購買請求書の情報の不一致など)を特定します。

View more

サンプル3

仕入先別に、期間内の購買実績や支払いサイクル、テスト結果などのサマリー情報を集約したダッシュボードを提示します。

View more

サンプル4

選択した範囲の発注書、請求書、支払実績、納品情報をひもづけて表示します。

View more

サンプル5

仕入先の種類、エンティティ、支払い条件など、さまざまな切り口でテスト結果を詳細に分析します。

View more

サンプル6

発注から購買請求、支払いまでのリードタイムを調査し、改善の可能性がある仕入先を特定します。

View more

標準分析メニュー(例示)

仕入先マスター

  • 重複している可能性がある仕入先
  • 役員が関与している仕入先

発注

  • 通例でない時間帯での処理
  • 遡及発注

購買請求

  • 経常的な仕入先ではない仕入先からの請求書
  • 通例でない金額による請求

返品

  • クレジットノートの概要
  • 請求書の消費税/売上税分析

支払

  • 支払承認効率性分析
  • 従業員銀行口座への支払い

給与分析モジュール

給与システムに係る内部統制を視覚化し、より高品質な情報に基づいたビジネス上の意思決定を支援します。また、給与分析モジュールにより重要な人材を特定し、具体的なアクションにつなげます。

伝統的なルールベースのテストと高度な分析、および機械学習を組み合わせることで、給与分析モジュールは組織がこれまで識別できなかったインサイトと異常を発見することを支援します。

サンプルダッシュボード

サンプル1

給与明細取引と電子送金を照合し、内容が整合していることか確認します。

View more

サンプル2

異常な休暇パターンおよび過度または異常な残業を通じて、従業員の健康管理に役立てます。

View more

サンプル3

休暇中に行われた経費請求など、他のFPAモジュールと組み合わせた、従業員に係る総合分析を容易に実現します。

View more

サンプル4

休暇日数や時間外勤務率などの主要な管理指標に関する社内のベンチマーク分析を行います。

View more

標準分析メニュー(例示)

テスト

  • 重複している可能性がある従業員
  • 重複している可能性がある給与支払い
  • 雇用期間外の給与支払い
  • 通例でない金額
  • 異常な明細数
  • 休暇申請と休暇実績の比較
  • 過度な傷病休暇
  • 従業員と仕入先の照合
  • 通例でない時間帯での処理

プロファイル

  • 休暇概要
  • 残業費用概要
  • 有給休暇の取得状況分析
  • 従業員の在職期間別分析
  • 従業員の増減分析
  • 従業員給与の概要
  • 給与明細数の概要

従業員経費分析モジュール

従業員経費分析モジュールにより、従業員経費全体を調査し、異常な経費利用パターンの特定や、経費に掛かる手続の順守状況を監視することができます。

また、さまざまなテストやプロファイルを通じて、対象データの傾向やパターンを分析担当者が発見し、インサイトを得ることができます。

サンプルダッシュボード

サンプル1

サマリーダッシュボードでは経費申請の傾向やカテゴリー別の情報を表示します。

View more

サンプル2

摘要欄からキーワードによって経費を任意のカテゴリーでグルーピングして分析します。(例 国内航空運賃、ギフト、飲食 など)

View more

サンプル3

従業員別、カテゴリー別、月別の支出傾向など、さまざまな切り口でテスト結果を詳細に分析します。

View more

サンプル4

リスクシナリオを用いて、異常な取引(重複している可能性がある経費など)を特定します。

View more

サンプル5

特定した異常な取引の範囲の経費明細を確認できます。

View more

サンプル6

フィルタ機能により、任意に分析の範囲を変更できます。

View more

標準分析メニュー(例示)

テスト

  • 複数ルートでの経費申請
  • 重複している可能性がある経費
  • 通例でない時間帯での処理
  • 雇用期間外に係る経費請求
  • 承認権限を越えた承認
  • 経費発生前の事前請求
  • 通例でない金額

プロファイル

  • 経費テスト結果の概要
  • 経費精算処理の効率性分析
  • 経費発生日・申請日・承認日の期間分析

運転資金分析モジュール

運転資金を効果的かつ効率的に管理するうえで、取引明細、得意先。仕入先などの大量なデータを組み合わせる複雑な分析は、大きな負担となります。

運転資金モジュールでは、購買分析モジュールや販売分析モジュールを組み合わせることで、買掛金、売掛金、および現預金の残高水準の継続的なモニタリング・分析が実現できます。

これらの分析結果は、契約交渉、資金管理、および不良債権管理における改善の機会を特定することに役立ちます。

サンプルダッシュボード

サンプル1

購買管理‐仕入先に対する実際の支払時期を請求書に記載されている支払条件と比較して分析し、支払遅延と早期支払いを検出します。

View more

サンプル2

購買管理‐個々の請求書の支払条件と、契約に定められた支払条件(支払期限)を比較します。

View more

サンプル3

購買管理‐仕入先別の購買請求書支払条件(リードタイム)の分布を把握します。

View more

サンプル4

販売管理‐請求書の支払条件と比較して、実際の得意先の入金時期を分析し、入金遅延および早期入金を特定します。

View more

サンプル5

販売管理‐個々の請求書の支払条件と、契約に定められた支払条件(入金期限)を比較します。

View more

サンプル6

販売管理‐得意先別の売上請求書入金条件(リードタイム)の分布を把握します。

View more

標準分析メニュー(例示)

テスト

  • 仕入先別支払タイミング分析
  • 仕入先への支払期限の遵守状況
  • 仕入先への支払いまでのリードタイム分布
  • 得意先別入金タイミング分析
  • 得意先の入金期限の遵守状況
  • 得意先の入金までのリードタイム分布

プロファイル

  • 運転資金概要分析
  • キャッシュ・コンバージョン・サイクル
  • キャッシュフロー分析
  • 入金・支払タイミング分析

データ品質分析モジュール

Financial Processes Analyser(FPA)にインポートされた全てのデータを利用し、データ品質を向上すべき領域を特定することができます。

データ品質分析モジュールでは、一意性、正確性、一貫性、網羅性の4つの観点でデータをレビューします。4つの観点から識別された例外事項は、さらに深い分析が可能です。

データ品質の向上は、FPAで実施されるテスト精度の向上や、テストから得られるインサイトの質の向上に寄与します。

サンプルダッシュボード

サンプル1

テーブルを構成するフィールド単位で、一意性、正確性、一貫性、網羅性の4つの観点のうちいずれの観点で例外事項が発生しているかを識別します。

View more

サンプル2

従業員経費分析、購買分析、販売分析、給与分析に使用されたデータごとにデータ品質の例外率を表示します。

View more

サンプル3

例示事項の詳細を調査するため、例外を区分することにより、より具体的な問題点を把握します。

View more

サンプル4

各データを詳細に検証するため、個々のレコードまでドリルダウンできます。

View more

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

久禮 由敬

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

中山 崇

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

浅野 圭子

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

浅水 賢祐

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

荻野 創平

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

成戸 宏隆

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email