Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

AIの重要なトレンドとは

AIのトレンドが将来の事業にどのように役立つかを学ぶ

AIが急速に発展する中、成功するために何が必要なのでしょうか。それは、事前に今後の展開を予測すること。つまり、近い将来、ビジネスに利益をもたらす可能性のあるAIのトレンドを理解することです。

続々と生まれている、ビジネスに対応可能なAI

AIは、急速にあらゆる領域に拡大、浸透していっています。

機械学習

機械学習では、データ学習方法を明確に規定しなくてもデータそのものを学習し、扱えるデータ規模を日々拡大させています。

PwCでも機械学習を活用しています。例えば、ドローンから集めたデータを基に、橋の建設の3次元(3D)マッピングに活用したり、インサイダー取引の発見にも活用したりしています。自動機械学習によって、ビジネスユーザーでも多くの機械学習モデルを作成することが可能になるでしょう。

深層学習の新技術

深層学習(人間の脳を模倣したAIの一種)の新技術によりコンピュータは、さまざまな種類の情報を理解でき、ゲーム戦略を統合し、少量のデータからでも洞察を得られるようになりました。もしくは、AI自身が合成または生成したデータからも同様です。つまり、たとえAIが情報を部分的にしか捉えていなくても、より適切な個々の顧客行動モデルをビジネスアプリケーションに取り入れることが可能になっています。また、実際に製品やマーケティング、そしてビジネス戦略をテストする際の精度も向上しています。

確率論的プログラム

確率論的プログラムは、ビジネスではありがちな不確実な情報を扱えます。ハイブリッド学習によって、深層学習に確率論的アプローチが追加され、不確実性に対処できるようになります。これにより、市場動向や規制環境などの分析がさらに向上する可能性が高まります。

デジタルツイン

物理的な資産と非物理的な資産を実質的に複製するデジタルツインは、ますます広がりを見せています。PwCでは、AIモデルのデジタルツインを構築し、金融機関のお客さま一人ひとりが将来のバランスシートやキャッシュ・フローをシミュレーションすることを支援しています。

もし現時点でAIが解決できないビジネス上の問題があったとしても、心配する必要はありません。それは、近い将来、解決されるでしょう。

支援内容

PwCは、最先端のAIテクノロジーを活用し、クライアントが抱えるビジネス上の問題の解決、そして未来を見据えた変革の支援をしています。多くの場合、可用性の高いデータと低コストのコンピューティングテクノロジーを使用しています。

支援実績例は、以下のとおりです。

  • AI戦略の策定
  • AIベースのソリューション設計
  • AIモデルの開発とコンセプトの実証
  • 従来のワークフロー内でのAIモデルの導入・運用
  • 市場への展開

AIを活用する際、最大の課題は何をすべきかを明確にすることです。PwCでは、最先端の研究と実社会での経験双方に基づき、クライアントを支援します。

主要メンバー

中山 裕之

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

久禮 由敬

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

藤川 琢哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

池田 雄一

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

加藤 靖之

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

小野寺 美恵

パートナー, PwC税理士法人

Email