Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

AIが変える未来の仕事とは

AIが与える、業務の性質への影響とは。デジタル化の進展が従業員へもたらす影響に備えるため、企業はどうすべきか。

AIが急速に発展する中、成功するために何が必要なのでしょうか。それは、事前に今後の展開を予測すること。つまり、近い将来、ビジネスに利益をもたらす可能性のあるAIのトレンドを理解することです。

ロボットは人間から仕事を奪うのか

その可能性は否定できません。ただ、適切なスキルを持っていれば、ロボットが存在したとしても、より良い仕事を得られます。AIが、今後10年間でもたらすビジネスチャンスは計り知れません。すでに、手作業や反復作業が自動化されています。まもなく、人間の意思決定もAIが推し進めるようになるでしょう。AIによる世界のGDP増加も見込まれており、2030年までに、現在の中国とインドのGDPの合計以上の額を生み出すと試算されています。AIによってより多くの良い雇用機会が創出され、働き方が変わる。それは、避けられないシナリオであると言わざるを得ないでしょう。

では経営幹部には何が求められるのでしょうか。それは、AIが従業員に与える影響を理解し、従業員がスムーズに対応できるよう準備を促すことです。例えば、AIを取り入れた既存業務を担当する従業員にはスキル向上を図り、AI活用によって生まれる新たな役割を担う従業員には、改めてトレーニングの機会を提供することが考えられます。人材が不足する場合には、新たに雇用する必要もあるでしょう。学校や両親が検討すべきこともあります。例えば、子どもたちにSTEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics: 科学・技術・工学・数学の教育分野を総称)スキルを習得させ、創造性を育み、生涯学習を習慣付けることです。

適切なスキルを持つ個人、企業、そして国にとって、AIによる自動化は脅威ではありません。むしろ、AIによる経済の勃興は、絶大なメリットをもたらします。

支援内容

PwCは、AIを活用しながらデータを整理し、AIによる自動化が進むスキルや業務、そして自動化されるタイミングについて明らかにしました。データはセクターや国別に分析されており、これらのデータを基に、クライアントを支援しています。

  • ロードマップの策定:スキル向上施策、対象、実施時期
  • ロードマップの導入:AIを実務で活用する従業員向けスキル向上プログラムの実施
  • 採用や人材管理におけるAIの活用:従業員採用の活性化、パフォーマンス向上、従業員満足度の向上、および従業員の在籍意思の強化
  • 将来の仕事に向けた新組織設立

上記の支援内容では、最後に挙げた点が重要です。従業員は、ただAIの活用方法を知れば良いだけではありません。AIを活用する際に必要となるデータや人的専門知識は機能や事業をまたがっており、従業員はお互いより良い形で連携し業務に従事する必要があるためです。

この変革には決して終わりがありません。AIは常に進化しています。PwCは、企業がAIとともに発展し、繁栄するための組織づくりと人員体制強化を支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

林 泰弘

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

久禮 由敬

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

久保田 正崇

執行役副代表, PwCあらた有限責任監査法人

Email

織田 耕二

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

小野寺 美恵

パートナー, PwC税理士法人

Email