Skip to content Skip to footer

Loading Results

M&A

変化する企業の成長戦略の実現を統合的に支援

PwCが提供するサービス

M&A戦略・中期経営計画策定支援

これまで多くの企業において、中期経営計画は各事業・機能担当部門が方針を描き、全体を取りまとめるという体裁をとっていました。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による大きな変化の中、このような合意形成・漸進変革型の取り組みでは対応できなくなりつつあります。

羅針盤のない今だからこそ、国内市場の縮減が促す業界再編への取り組みやグローバルな視点での事業機会の取り込み、M&Aやカーブアウトなどのディールを伴う思い切った選択肢を織り込んだ大胆な発想が求められています。

このような中、PwCはCOVID-19後の新しい中期経営計画策定について、これまで欠けがちだった以下の2つの観点を踏まえながら、さまざまなクライアントと議論を重ねています。

中期経営計画 策定支援

 

観点1:視座の切り替え(図1)

中期経営計画は、往々にして自社の方針を社内外に説明する色合いの強いものでした。しかし今後は、自社を取り巻くステークホルダーからの「納得」の獲得を目指すことが重要となります。世の中が大きく変わっていく中で、自社はどのように変わっていくべきなのか、市場や顧客、サプライヤーや従業員、また社会や資本市場それぞれの目線に立ちながら、自社が社会的に存在し続ける意義とは何かといった考察にまで立ち返った上でのディールをてこにした大きな構造改革をも見据えた客観的洞察こそが、ステークホルダーから「納得」を得るための鍵となります。

 

観点2:視野の拡張(図2)

これまでの中期経営計画は、事業収益(PL)を偏重する傾向がありました。たとえROEやROICを掲げていたとしても、分母をなすE(Equity)やIC(Invested Capital)そのものに対する考察が劣後しているといったことが挙げられます。企業目的を、受託資本を用いて付加価値を最大化することと捉えれば、ディールの余地も考慮に入れながら、企業活動全体を広く見渡し、てこ入れすることが重要です。会社そのものを仕組みとして捉え、構造的に付加価値創出力を高めるためのかじ取りを行うこと、すなわち“Value Creation”こそが、中期経営計画の策定において求められるのです。

 

PwCは、グローバルに約26万人の多種多様な人材を擁しており、さまざまな産業領域を網羅するインダストリーの知見と、戦略・財務・税務・IT・人事・法務・SDGsなどの組織機能を構成するファンクションの知見を組み合わせてサービスを提供しています。

中期経営計画に関しても、経営レベルでのディールを含めた思考実験、実務部隊を巻き込んでの計画策定、またその実行支援などあらゆるフェーズにおいて、クライアントと一体となり、革新の実現を推進します。

経営戦略策定支援

企業ビジョン構築、中期経営計画策定、事業ポートフォリオ最適化など、経営戦略の構築を支援します。また、その実現手段としてM&Aの活用を検討します。

事業戦略構築支援

事業のKSF(Key Success Factor)を明確にし、競争優位を検証します。設定した目標と現状とのギャップを明確にし、目標達成に向けたストーリーの構築、M&Aをどう活用するかといった打ち手の策定を支援します。

CxOアジェンダ支援

CEO、CFO、COOによる経営課題解決を、戦略、財務、オペレーション等のエキスパートで組成されたチームで支援します。CEO、CFO、COOは、時として孤独な状況に置かれます。PwCは、さまざまな専門家からなるCxOサポートチームを組成し、第三者的な視点を持ちながら、CxOのディスカッションパートナーとして、経営判断に資する情報提供や分析を行います。

M&A戦略構築支援

M&Aを目的ではなく手段として位置づけ、経営戦略/事業戦略を実現するためのM&Aを検討します。M&Aを行う目的、行うべきエリアやドメインなどを明確にし、場当たり的ではないM&Aの実現を支援します。

ベンチャー投資支援

ベンチャー投資には特有の留意点があります。ベンチャー投資の経験豊富なプロフェッショナルが、貴社の戦略的ベンチャー投資を支援します。インキュベーションチームの立ち上げやCVC設立など、ベンチャー投資や育成に関する体制構築も支援します。

M&A体制構築支援

M&Aは有効な手段ですが、日常的に起こるものではありません。企業としてどのようにM&Aに備えるべきか、M&Aに関する知見をどう蓄積するか、豊富な経験をもとに支援します。

主要メンバー

鈴木 慎介

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

西川 裕一朗

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

松田 克信

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

大屋 直洋

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

M&A案件の実現において重要な役割を果たすのが、M&Aアドバイザー(フィナンシャルアドバイザー(FA))です。とりわけ、クロスボーダーM&A案件においては、関係各国のPwCにおいて高い専門性と幅広い経験を有するM&Aアドバイザー(FA)と連携して案件を成功に導きます。

すべてのM&Aの実現のために。
ベストなM&Aアドバイザリーの提供。

M&Aアドバイザー(FA)が担うミッションは多岐にわたります。バイサイドM&Aにおいては、クライアントの成長戦略に適した買収ターゲットをグローバルで発掘(ソーシング)し、また、セルサイドM&Aにおいては、戦略的な選択と集中のための事業売却の実現のため、買収候補先に対して、実際のアプローチを担います。また、M&Aの取引実行(エグゼキューション)フェーズにおいては、M&A案件全体の推進・管理、取引ストラクチャリングの検討、バリュエーションの実施、デューデリジェンスの統括、条件交渉の支援、開示資料等の作成支援も担います。

【M&Aアドバイザリー(FA) 関連サービス】
企業価値向上のための経営戦略

主要メンバー

佐藤 崇吉

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

マシュー ワイボーン

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

織田 耕二

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

豊田 明子

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

竹中 健

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

原田 茂

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

デューデリジェンス

デューデリジェンス(DD、買収調査)は、M&Aを実行するか否かを見極めるための重要なタスクであるとともに、買収前に対象会社のマネジメントや実務担当者に直接コンタクトできる貴重な機会です。

財務リスクや正常収益力などを把握する財務DD、潜在的な租税債務を把握する税務DD、法的権利義務関係および係争中案件に関わる潜在的リスクを把握する法務DDのほか、市場の成長性や事業計画の蓋然性を評価するビジネスDDが、DDの中心分野となっています。

また、案件の特性に応じて、対象会社の人事制度や組織人事上の問題点を把握する人事DD、情報システムの問題点やIT資産の価値を測定するITDD、オペレーション上の不効率や改善ポイントを把握するオペレーショナルDDといったDDも、各領域の専門家により併せて実施されています。

PwCでは、常に「M&A後の事業価値の最大化」という視点に立ち、これら多種多様なDDを有機的に組み合わせた総合的なサービスを提供しています。

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスは、M&A取引の実行フェーズにおいて対象会社または事業の財務実態を理解するとともに、対象案件にかかる投資意思決定に資する情報を提供することを目的としています。

財務デューデリジェンスにおける一般的な分析項目は以下の通りです:

  • 収益性分析:過去から当年度までの業績推移の把握、非経常的な項目等を除去した正常収益力分析、過去実績との対比に基づく事業計画分析
  • 運転資本分析:運転資本の資産性把握、季節性を考慮した資金需要把握、必要運転資金の把握、基準運転資本に関する分析
  • 設備投資分析:過去の設備投資実績及び将来の設備投資計画の把握
  • ネットデット分析:有利子負債及び類似する項目の抽出、簿外/偶発債務の把握

【財務デューデリジェンス 関連リンク】
運転資本改善および「キャッシュ」に関する総合的支援

ビジネスデューデリジェンス

市場の成長性の検証や対象企業の事業計画の精査だけでビジネスデューデリジェンスを終わらせていませんか?テクノロジーの進化やサステナビリティ経営への意識の高まりなどにより、これまでとは比較にならないほど、経営・事業に関して考慮すべき視点が増えています。ビジネスデューデリジェンスにおいても、これまでの事業の市場性や競争力の源泉などの分析に加え、「M&A後の事業価値をどう高めていくか」という視点がより強く求められています。PwCでは戦略と財務の専門家が戦略思考と財務知識をフル活用したストラテジック・ビジネス・デューデリジェンスを実施します。


コマーシャルデューデリジェンス
主にM&A対象企業/事業に関する市場性を評価

インテグリティデューデリジェンス
M&A対象企業におけるキーパーソンに関して、その属性に関しての危機的課題がないかを評価

ガバナンスデューデリジェンス
グループ会社へのガバナンス方針の確認、M&A後のガバナンス構築に向けての課題を抽出

サステナビリティデューデリジェンス
サステナビリティ経営実現に向けた過大を抽出、CSR調達などの視点から自社のサステナビリティ経営に関する目標に対しての充足程度を評価

【ビジネスデューデリジェンス 関連リンク】
経営改革支援(ガバナンス/管理会計/現場改革)

オペレーショナルデューデリジェンス

対象事業の市場性を確認すべくコマーシャルデューデリジェンスを実施する買い手企業は多いですが、オペレーショナルデューデリジェンスを実施せずに事業性の評価は完結しません。

  • 急速な売上成長を見込むディールで、既存オペレーションは事業急拡大に対応できるでしょうか?
  • ターンアラウンドを見込むディールで、縮小させるオペレーションの削減規模は妥当でしょうか?
  • コストシナジーを見込むディールで、本当にオペレーションの重複があり、現実的に機能統合は可能でしょうか?

事業計画の妥当性や実現性の評価を十分なものにするには、現状オペレーションのケーパビリティを深く理解する必要があります。

オペレーションを構成する各機能の評価ポイントはインダストリーごとに異なり、評価を実行するには高い専門性が必要になります。PwCでは、各インダストリーに精通した国内外のプロフェッショナルが、オペレーショナルデューデリジェンスを実行します。

【オペレーショナルデューデリジェンス 関連リンク】
経営オペレーション力の強化

不動産デューデリジェンス

  • 不動産関連企業のM&A(コーポレート)および不動産保有会社の株式取得時における財務デューデリジェンスを提供します。
  • 不動産のハードアセットについての不動産デューデリジェンスの支援を行います。不動産のフィナンシャル情報の分析、キャッシュフローウォーターフォールの分析、レントロール・各種契約書レビュー、エンジニアリングレポート(ER)取得のトータルコーディネートなどの支援を行います。

【不動産デューデリジェンス 関連リンク】
不動産トランザクション

ベンダーデューデリジェンス

ベンダーデューデリジェンス(VDD)は、対象会社もしくは事業を売却するにあたり、売り手の立場に立って、事前に想定される論点を整理するとともに、買い手候補者による分析に資する情報を取りまとめることを目的としています。

買い手候補者に対して、VDDレポートを通じて定量化されたリスク要因や、リスク領域に対する売り手側での主体的な対処方法を示すことにより、対象会社もしくは事業の価値の最大化を図ります。また、VDDレポートや事前に整理された関連情報を開示することにより、売却プロセスを効率的に進めることができます。 特に、事業再編などに伴いプロフォーマ財務諸表の作成が必要な案件や買い手候補者が多数存在する案件等では、VDDレポートを開示することが極めて有効です。

ベンチャーデューデリジェンス

経営者の資質や熱意、技術的な優位性、代替製品やサービスの発現可能性などを評価します。

主要メンバー

吉原 重之

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

川村 健

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

金澤 信隆

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

加藤 雅也

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

鈴木 慎介

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

松田 克信

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

実行支援

買手・売手に対する実行支援

案件の検討から実行段階において必要となる対応および検討事項を、売手もしくは買手、ときにはグループ内再編の当事者などさまざまな立場で支援します。ワークプランの作成・更新を含むプロジェクトマネジメント、DDプロセスコントロール、取引ストラクチャーの検討、事業計画のシナリオ策定、交渉戦略や売買契約書などの検討、社内説明・検討資料の作成などが一例ですが、案件の規模や特性、クライアントの体制などに応じて柔軟にサポートを行っています。また実行支援業務では、包括的な支援のみならず、クライアントのプロジェクトチームと一体となって案件遂行を行う上で必要とされる支援のみを提供することも行っています。

カーブアウト取引における支援

独立した事業オペレーション全体を取得できる株式買収と異なり、譲り受けによる買収においては、本社機能や管理業務が不足しているケース、移管されない資産や契約により取得後の事業運営に影響が生じるケース、間接業務の運営に十分な人材が移管されないケースなど、特有のリスクが存在し、思わぬ追加コストの発生やパフォーマンスの低下を招くケースが後を絶ちません。特に対象事業が海外に存在する場合、買収前に必要な対策を取るために十分な情報を入手することが困難なケースも目立ちます。


会社の分割や事業分離を伴う売却は、業務の複雑性、ステークホルダーの多さ、人材への配慮の必要性などから、一般的に難易度が高いプロジェクトとなる傾向があります。一方で、事業分離後のスタンドアロンベースでの事業像を検討する中で、オペレーショナルな改善に加えて、事業規模に見合った費用削減施策を十分に検討することでその価値を最大化させることも可能です。

カーブアウト取引におけるPwCの支援アプローチ

事業譲り受けによる買収検討においては、売却元からの事業の分離(カーブアウト)に伴い発生する単独事業としての運営コスト(スタンドアローンコスト)を網羅的に把握するとともに、売り手から移管される機能と移管されない機能を適切に把握し、自社の状況や買収後の狙いに照らし合わせて、売り手による機能提供(TSA)を適切に調整することが、重要となります。


事業分離を伴う売却検討においては、売却価値を決める上で、対象事業が単独事業となることで発生するスタンドアローンコストを適切に把握することが重要となります。事業売却にたけたプレーヤーはこれに加え、単独事業としてのコスト構造の最適化、分離対象事業の集約等を通じた事前の事業整理、TSAの事前整備による買い手側リスク要因の低減等を行うことで、分離対象事業の収益力の向上を行い、売却価値の最大化を追求します。

セルサイド

主要メンバー

金澤 信隆

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

鈴木 崇寛

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

吉永 秀宣

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email

M&A成立後の統合プロセス(PMI)

日本企業のM&Aは、件数、金額ともに近年増加傾向にあります。「M&A」の成功は統合プロセス(PMI)の成否に左右されるとも言われていますが、「市場開拓」や「成長戦略加速」を目的とした投資が行われる一方、想定していた統合プロセスやシナジー創出が進まず、残念ながら期待された成果を十分にあげられていないケースも見受けられます。PwCは、これまで多様なPMI案件を支援してきた経験から、統合フェーズで直面する課題や陥りやすい落とし穴、それらを踏まえた経営統合成功のポイントを熟知しています。買収後の速やかな統合プロセスを推進し、事業価値向上の観点からクライアントのシナジー創出と課題解決を支援します。

経営統合支援チームによる多様な案件への対応能力

経営統合支援の方法論やアプローチを体系化した専門チームが、大規模な統合案件から複数の国や地域にまたがるクロスボーダーPMIに至るまで、長年にわたる多種多様な案件経験を踏まえ、必要な課題解決を迅速に支援します。

プレディール段階からの準備によるスムーズなプロジェクトの立ち上げ

プレディール段階から案件に関与し、ディールクローズの前後から速やかにプロジェクトを立ち上げ、経営統合成功に向けた求心力の維持・向上を図りながら統合推進を支援します。また、早期に対象事業の再分析・整理や取り組みの優先順位付けを行うことにより、事業自体のバリューアップ実現を含むM&Aの価値最大化の実現に向けたロードマップの策定も支援します。

課題解決のための各領域の専門チームとの連携

経営戦略、組織・人事、オペレーション(営業・マーケティング、R&D、生産、調達等)、IT、コンプライアンス、財務、税務といった各領域に長けた専門メンバーを統合課題に応じて起用し、実践的なアドバイスを提供します。

【M&A成立後の統合プロセス(PMI) 関連リンク】
経営オペレーション力の強化 ・経営改革支援(ガバナンス/管理会計/現場改革)

主要メンバー

鈴木 慎介

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

古賀 淳一

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

バリュエーション&モデリング

日本におけるバリュエーション実務のリーディングファームとして、PwCのバリュエーション専門チームは幅広い業種の企業に対して高品質のサービスを提供しています。クライアントが事業の価値、さまざまな種類の株式の価値、有形・無形資産および負債の価値を理解する手助けをするとともに、重要な経営上の意思決定が価値に及ぼす影響を把握することにより、M&Aやグループ内取引、資本配分、設備投資の意思決定などの場面において経営陣をサポートしています。

また、価値分析を含めた各種分析を実行するためには、優れた財務モデルが必要です。PwCのモデリング専門チームは、クライアントの意思決定支援のために、各社のビジネスニーズに応じたフルオーダーメードの財務モデルを構築します。当チームで財務モデルを構築する際には、最新のモデリングツールや理論および業界知識、またPwCのグローバルネットワークを活用することで、クライアントへの提供価値の最大化を図ります。

トランザクションバリュエーション

企業は、株主、社外取締役および従業員を含む利害関係者からの高まるプレッシャーに直面しており、事業再編の一環として、または成長戦略の加速を目的としてM&Aを検討する場合において、取引価格の正当性を説明するために、第三者機関にトランザクションバリュエーションのアドバイスを求める場面が増えています。

PwCバリュエーションチームは、各業種特有のバリュードライバーに焦点を当てたさまざまな分析的手法を活用します。これによりクライアントおよび利害関係者は、M&A案件が生み出す価値増加のポテンシャルについてより深く理解することが可能になります。

また、クロスボーダー案件が増加する中、海外のPwCと専門的知識を共有することにより、複雑なクロスボーダー案件においても、クライアントに対して最善の分析を提供することが可能です。

企業価値・事業価値評価

企業の支配持分の取得または既存事業からの撤退を検討している場合において、交渉および意思決定をサポートし、クライアントおよび他の利害関係者にとって当該事業の価値はどこにあるか、取引価格の基礎となる主要な前提条件は何か、事業価値は今の方が高いのか、それとも事業再編により将来さらに高めることができるのか、差し迫った業界・規制上の変化が事業価値にどのような影響を及ぼすのか、といった重要な問題に対してアドバイスを提供します。

また、バリュエーション手法およびバリュエーション上の主要な前提条件に対する批判的な検討を含む独立した第三者としてのバリュエーションレビューや、ガバナンス目的、あるいは法規制の遵守を目的とした、取引価格の妥当性に関する独立した立場でのオピニオンの提供(フェアネスオピニオン)、税務目的のバリュエーション支援も提供します。

その他取引目的のバリュエーション

キャッシュフローがマイナスのみならず未だ売上の計上がない企業、つまり成熟した安定企業に一般的に適用されるバリュエーション手法を適用することができないアーリーステージ企業(スタートアップ、ベンチャー企業)を対象としたバリュエーション業務を、オーナーおよび潜在的な投資家に対して提供します。また、優先株式等種類株式での投資の場合においては、各株式間での権利内容の違いを価値に反映したオプション評価モデル等による種類株式のバリュエーションを実施します。

知的財産権(ブランド、ライセンス、特許、ノウハウ等)の取得・売却または知的財産権の他社へのライセンス供与に関連して、当該資産の評価に最も適切なバリュエーション手法を選択しサービスを提供します。

【トランザクションバリュエーション 関連リンク】
財務デューデリジェンス

財務報告目的のバリュエーション

企業の財務報告において公正価値評価を必要とする領域が拡大していることに伴い、経営陣、株主、その他の利害関係者、外部監査人、基準策定者、規制当局における財務報告目的のバリュエーションの重要性が増しています。

PwCは、財務報告目的のバリュエーションに豊富な経験を有するプロフェッショナルを擁し、評価対象資産の状況に応じてカスタマイズされたアプローチおよび手法によるバリュエーション業務を提供します。

日本基準、米国会計基準、IFRS等の各会計基準に準拠した業務を提供しており、国内のみならずクロスボーダーディールにおけるPPAなど財務報告目的のバリュエーションにおいても広範な経験を有しています。

パーチェス・プライス・アロケーション(PPA)

M&Aに関する会計基準は年々複雑化しており、損益に対して大きな影響を及ぼす場合があります。財務報告が公正価値を重視する方向に進んでいることから、自社のM&Aに関する決定が将来損益に及ぼす影響を理解することは、従来以上に重要となっています。

PwCは、デューデリジェンスの段階からプレPPA(プレディール・パーチェス・プライス・アロケーション)を実施することにより買収の影響をより正確に把握し、効果的な買収ストラクチャーの検討や機関決定のための有用な情報を提供します。

また、有形資産、無形資産を含む、M&Aにより取得するさまざまな資産・負債の公正価値のバリュエーション業務を提供します。さらには、会計、税務のほか、各インダストリーに知見を有するプロフェッショナルと協働し、クライアントの監査対応を含む財務報告上の要件を満たすとともに、全体のプロセス管理を支援します。

減損テスト

不安定な金融市場・経済状況は、バランスシート上の多くの資産の価値に影響を及ぼす可能性があり、企業は減損の測定や報告に関する複雑な問題について意思決定を行う必要があります。減損について適切な意思決定が行われなかった結果として、投資家、規制当局、その他の利害関係者からの信用の低下を招く恐れも想定されます。

PwCは、バリュエーションおよび会計の専門知識を集約し、のれん、非償却性無形資産、有形固定資産、償却性無形資産、その他の資産の減損テストを支援します。

また、減損テストのためのバリュエーション業務を提供、あるいはクライアントのバリュエーションモデルに対する独立したレビューを実施することにより、監査人、資金提供者、規制当局、その他の利害関係者の視点を踏まえて、経営陣が減損に係わる問題に適切に対処できるよう支援します。

その他資産負債の公正価値評価

オプション、新株予約権、種類株式、偶発事象に基づく請求権や偶発対価(アーンアウト)等、複雑な金融商品等の評価の必要性が増大していることに対応し、PwCは豊富な経験に基づき、トランザクション、財務報告、税務目的での各種金融商品等の評価を支援します。

また、財務報告において求められる従業員に対するストックオプション発行時におけるバリュエーション業務や、非上場有価証券の公正価値評価、ローン・その他の債権のローンデータや債務者資料等に基づくポートフォリオ評価を支援します。

また、IFRSを初度適用する際に必要な公正価値評価、および、IFRS初度適用から過去2年以内に行われた企業結合について、IFRSの遡及適用によるパーチェス・プライス・アロケーションおよび減損テストの支援も行います。

モデリング

「優れたモデル」とは、各種シナリオや感応度分析の結果を理解しやすいかたちで提供することができ、また経営陣がさまざまな異なる目的のために使用することができます。PwCは、モデリングの専門家により構成される専任チームを有しており、高い分析スキルおよびテクニカルな洞察力によって質の高い財務モデルを設計・構築することで、クライアントが意思決定に先立ってその影響を理解し、競争力を高める支援をします。

財務モデリング

バイサイド、セルサイドを問わず支援対象者の視点に立ち、主要なオペレーション活動、資金調達活動に関する感度分析を行うことにより、事業の成長ストーリー、収益性に対する検証および資金繰りや財務コベナンツの見込みも含めた統合的なディールファイナンシングの支援を行います。また、リストラクチャリング検討時には、感応度分析・シナリオ分析の実施により、債権者グループ相互のリターンの評価および債務者と銀行の交渉に関するサポートを行います。

上記のモデル構築支援業務に加え、様々な状況下において第三者の作成したモデルに関して、モデルの構成とその正確性に関するレビューを行い、エラーリスクの軽減および将来予測数値に対する信用度の確保を目指します。

意思決定サポート

各事業セグメントの収益性を可視化し、パフォーマンスの理解および新たな収益機会の特定を行います。また、価格意思決定が利益に与える影響の評価を実施することで、事業に関する意思決定支援を行います。さらには、複数の事業・投資を評価することにより、将来のポートフォリオ戦略の支援も行います。

複雑な状況下における意思決定を伴う場面においては、戦略オプション分析を実施します。戦略評価フレームワークの確立、実務的な解決策およびツールの提供を行うことで、財務的客観性の提供を行います。

ビジネスプランニングおよびレポーティング

各インダストリー固有のKPIや財務指標に焦点を当て、タイムリーでアカウンタビリティのある予実分析が実施可能な、洞察力のある経営管理レポーティングツールを提供します。また、短期的な資金繰りの管理に焦点を当て、資金繰りの改善施策の立案または資金計画の精度向上を支援します。

上記を通じて、事業戦略に沿った事業計画の作成および事業戦略を支援する将来予測を提供します。

バリューコンサルティング

重要な意思決定がもたらすバリューインパクトを把握していますか? 全ての意思決定が企業価値に影響を与えています。しかし、その影響をどこまで把握しているでしょうか?貴社の最も重要な経営意思決定にバリューレンズを取り入れ、ステークホルダーの価値に与える影響を鮮明にすることで

  • 経営の意思決定を改善する
  • ステークホルダーとのより強固なコンセンサスを形成する
  • 成長戦略、ポートフォリオ最適化、資本戦略を首尾よく実行することで資本リターンを拡大する

この結果、ガバナンスの改善と企業価値の向上を実現します。

PwCのバリュエーション&モデリングの専門チームは、事業ポートフォリオのどこで価値が創造・破壊されているか(バリューパフォーマンス)、重要な意思決定が価値に与えうる影響がいかなるものか(バリューインパクト)について、独立した視点での洞察を提供します。 さらに、Strategy&の戦略コンサルタントや各分野・業界の専門家と密接に協働し、企業価値を最大化する戦略構築を支援します。

Playback of this video is not currently available

バリューパフォーマンス

現状のバリューパフォーマンスをアウトサイド・イン(資本市場)とインサイド・アウト(経営陣)の視点から分析します。 アウトサイド・イン分析では、アクティビスト株主の視点で企業をとらえます。 インサイド・アウト分析では、企業外部のアウトサイダーにはアクセスできない企業の内部情報を活用し、資本市場の視点とは異なるレベルでの詳細な分析で企業をとらえます。 どこに、なぜ価値が集中しているのかを把握することで、成長とリターンのポテンシャルが最も高い領域への投資の優先順位づけが容易となり、事業ポートフォリオのどこで再編や合理化が必要であるかの特定が可能になります。 これらの情報を用いることにより、PwCは、経営陣がいかなるアウトサイダーよりも効果的な計画を策定することを支援します。

バリューインパクト

貴社は以下のような課題と対峙していますか?

  • その事業成長は価値創造に資する十分なリターンを創出するか?
  • 価値を最大化するために事業ポートフォリオに対して、いかに経営資源を配分するか?
  • 資本効率を改善するために、いかに売却する事業・資産を特定するか?
  • 価値創出を基準に、いかにパフォーマンスを測定するか?
  • 価値創造に最も有効な費用削減の方法は何か、その効果はいつ発揮されるか?
  • 潜在的に描く戦略に対して、資本市場はどのような反応を示すか?
  • グローバルな事業展開がもたらすリスクと価値への影響はどのようなものか?
  • サステナビリティ活動といった、費用対効果の定量化が困難な活動をいかに評価するか?

PwCのバリューコンサルタントは、これらクライアント課題に対する答えを見いだすことを支援します。コーポレートファイナンスの知見と意思決定分析のアートとサイエンスを融合し、戦略施策がもたらすバリューインパクトの理解を深化させます。

バリュードライバー分析

財務及び非財務データに対してデータアナリティクスを用いて、キー・バリュー・ドライバーの改善余地、価値向上の機会を明らかにします。

下記のような課題意識を持たれていますか?

  • 事業計画の妥当性について
  • 財務モデル作成上の前提値の確からしさをどのように整理・判断するか
  • 価値向上に最も重要な影響を与える要因を理解できているか
  • 財務および非財務データ活用の効用を最大化できているか
  • 価値向上に影響を及ぼす外部環境の要因が何かを特定できているか
  • 中期経営計画の妥当性に係る納得感をどのように内部・外部ステークホルダーから獲得できるか

事業買収および売却、中期経営計画の策定、経営意思決定など場面を問わず、PwCの価値分析、モデリング、データアナリティクスの専門家が、幅広い定量分析手法・技術を活用し、分析対象のキー・バリュー・ドライバーは何か、それらに重要な影響を及ぼす要因は何か、パフォーマンスと価値向上に繋がる機会と選択肢は何か、を明らかにし、上記のような課題解決を支援します。

株主アクティビズム

近年導入されたガバナンスやスチュワードシップの変革により、株主アクティビズムが徐々に高まりつつあります。最近注目を浴びたアクティビストの成功事例は、国内外双方からのアクティビズムのより大きな第二波をもたらす可能性があります。一方、日本企業の経営陣は、リターン増大と価値創造への対応を迫られる中で、活発化するアクティビストへの対応が十分ではないと感じています。

独立した客観的視点をもつ貴社の「友好的な」アクティビストとして、長期的な価値創造戦略を導き出すために協働し、アクティビスト活動への効果的対処を支援します。

株主アクティビズム

アクティビスト視点での検討対策

アクティビストが主張する価値創造戦略からは、多くの学びを得ることが可能であり、彼らの視点で自社事業を捉え、行動することは有益です。また、企業は事業や顧客に対する深い知識という価値創造ツールを有しており、一段と踏み込んだ対策を講じることができます。

企業の開示情報からは、外部のアクティビストは企業内で起こっていることの断面しか捉えることができません。しかし、経営陣は業務、顧客、市場、競合他社について詳細な情報を有しています。つまり、価値がどこに、なぜ集中しているのかを理解できれば、有力な投資の領域、抜本的な梃入れ策が必要な領域を、アクティビストに接触されるよりも前に感知し、有効な戦略施策と計画立案につなげることができます。

友好的なアクティビスト

アクティビストのようなアウトサイダーにとって自明なことが、時にインサイダーに明確ではないことがあります。例えば、長期的に価値を増加させるとみられる戦略や、幅広いステークホルダーグループの利益のための戦略が、既存の組織体制、意思決定プロセス、社内ポリティクスから実行が「困難すぎる」ものとして回避される場合もあります。

PwCは、企業のパフォーマンスをまず「外側から内側」、すなわち資本市場の視点から独立して客観的に評価し(アクティビストが企業を分析する手法)、次に「内側から外側」、すなわち経営陣の視点(事業や顧客に対する経営陣の深い知識を活用)から評価します。 

価値評価の主な目的は、バリューギャップの存在とその大きさ、すなわち企業の市場価値と経営陣による社内の知見や計画に基づくサム・オブ・ザ・パーツ評価との差を把握し、そうしたギャップが生じる理由を特定することです。次のステップは、(1)そうしたギャップを埋める戦略を検討し、(2)経営陣によるプランが実際に最も高い価値を実現しうるかどうかを再評価することです。

アクティビスト活動への対応

PwCは以下のアプローチを通じて、アクティビストの標的となった企業を支援します。

  • アクティビスト提案の評価
    企業の経営陣と協力し、アクティビスト提案を客観的に評価します。経営陣のプランとアクティビストのプランが相反するものか、補完するものかを評価します(例 余剰現金の使途に係る自社株買い要求と経営陣プラン実行の価値貢献の比較、業績低迷セグメントの売却の要求と経営陣プラン実行による価値創造力の比較など)。
  • 投資家の見方を理解
    企業の業績、戦略、ガバナンス、開示情報に関する資本市場の見方について、厳選されたアナリストや投資家に対するインタビュー調査を実施します。
  • コミュニケーション戦略の策定
    (1)全ての株主(およびステークホルダー)とのコミュニケーション戦略と、(2)アクティビストに対する対応の策定において企業を支援します。

主要メンバー

吉田 英史

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

梅田 誠

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

スティーブ スローマン

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

データアナリティクスを活用したM&A・ターンアラウンド支援

昨今、データアナリティクスの技術進化により、企業内外に眠る大量データを活用して事業の競争力向上を図る取り組みが数多く見られます。PwCでは、事業会社や投資ファンドがM&Aやターンアラウンドもしくは構造改革を推進する局面においてデータアナリティクスを活用して支援をします。

データアナリティクスを係る局面で活用することにより、(1)問題子会社のガバナンス強化、(2)超高精細な事業分析~データオリエンティッドな経営への変革、経営手法の変革期における(3)ビジネスモデル・業務変革、の3つを実現します。

問題子会社の透明性向上~ガバナンス強化

業況不振の海外子会社を抱え、エース級人材を送り込んでいるにも関わらず、事業の実態が掴めず、解決の糸口が掴めない、との相談が増えています。

係る状況でのターンアラウンドの実行局面において、データアナリティクスを活用した経営管理の高度化を支援します。分析ツールの進化により、これまでのシステムでは機能的に難しかった、タイムリーなKPIの把握から詳細な現場データまでの「見える化」の実現が技術的に可能となっています。

(1)異常値の要因分析(ドリルダウン分析)が容易となり問題の真因究明につながる、(2)システム機能の制約上、これまで出来なかった切り口での分析やKPI把握が可能となる、(3)社内外のデータ間で連携・統合する、ことで経営状況をより立体的に把握することができるようになります。例えば、サプライヤー・顧客別の取引実態が適宜・適切・容易に参照できることで、透明性が飛躍的に高まり、より的確な打ち手の導出が可能となります。

伝票一枚単位までアクセスできることにより、こうした取り組みの中で従業員による不正が明らかになるケースも特に海外事業において散見され、ガバナンス強化のインフラとしても機能します。

超高精細な事業分析~データオリエンティッドな経営への変革支援

買収完了し、蓋を開けてみると、プレディール時には見えていなかった問題が次々と明らかになり、計画していたシナジー実現の道筋などとても見えない、とお悩みのPMI担当者からの相談が多々あります。

PwCは情報提供の制約がない買収後もしくはターンアラウンド検討局面において、データアナリティクスを活用した精緻な事業分析サービスを提供します。

トランザクションデータに基づく詳細分析の実施により、これまで業績報告用の管理レポートの粒度では見えなかった「歪み」すなわち改善機会を具体的に検出していくことが可能となります。対象事業の課題や経営・収益改善のポイントを的確に把握し、情報の制約がある環境下で行われたデューディリジェンスの誤認識に基づく対応を軌道修正することも可能となります。

加えて、経営者・現場とのファクトに基づく建設的な対話を通じ、正しい課題認識の醸成のみならず、実効性・実行性の高い打ち手を導出していくことが可能となり、データオリエンティッドな経営へのシフトを後押しします。

買収直後や不祥事発覚等のイベント発生時の改革機運に乗じて変革を図っていくことが肝要になります。

データ・アナリティクス・ソリューションを梃としたビジネスモデル・業務変革

現在、全ての産業において、先進企業はデータアナリティクスの機能強化を強力に推進しています。ただし、ケイパビリティの差異は差別化戦略と異なり表面化しづらく、気が付くと勝ち組企業においても「なんだか原因がよくわからないが、ジリ貧になっている」といった状態に陥りかねません。

先進企業においても現状手探りで活用方法を探っている状況に鑑みれば、データアナリィクスの浸透によりビジネスモデル・経営の在り方が大きく変化していく今後数年の過渡期は、業界内ポジションを逆転する機会が十分にある絶好期であるとも捉えられます。

次々と現れるテクノロジー関連の流行語に振り回されず、自社事業において競争力を左右する最重要なケイパビリティに集中して変革を図っていくことが成功のキーとなります。

PwCでは逆転戦略に精通した専門家を多数揃え、最新のデータ・アナリティクス・ソリューションの目利き、そのソリューションを核としたビジネスモデル・業務変革を総合的に支援します。

主要メンバー

森野 智博

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

服部 基之

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

鵜澤 覚

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

佐藤 稔

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}