ジョイントベンチャー

JV(ジョイントベンチャー)設立・運営を通じた戦略の実現を目指すクライアントに対し、対象事業の特性や事業パートナーとの検討状況などを踏まえたサポートを提供します。PwCは、戦略策定から契約締結、JV設立後の事業運営支援までを包括的にサポートする体制を有しています。

豊富なプロジェクト経験に基づくベストプラクティスの活用

長年にわたる多種多様なプロジェクト支援経験を通じて確立したベストプラクティスをベースに、事業戦略の策定支援からJV契約の締結、円滑な事業運営に至るまで包括的な支援実施体制を確立しています。

またPwCのグローバルネットワークとの連携を通じ、日本メンバーだけではない各国や地域特有の文化や慣習などを熟知したメンバーによる包括的な支援が可能であり、海外企業とのJV設立案件についても円滑かつ専門的な支援を提供します。

一般的な企業買収(M&A)と比較した場合、JVは通常、以下に示すような特徴から、難易度・複雑性が高くなります。

戦略的JV特有の特徴(上図)を踏まえ、下記のような課題を検討し、解決することが重要です。

事業パートナーとの協働関係を構築し、戦略的JVの設立・運営を成功に導くには、明確な提携戦略に基づくビジネスプランの策定、協働体制を構築の上、各領域における実務への落とし込みが重要になります。

PwCは、経営統合(PMI)の方法論をベースとしたJV独自の方法論・アプローチを活用し、提携戦略の立案から契約締結、業務モデルの策定・実行といった、JV設立から運営における課題解決を支援します。

主要メンバー

吉田 あかね

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

石原 智仁

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email

東山 健

マネージャー, PwCアドバイザリー合同会社

Email