Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

幸福度マーケティング

「幸せ」を起点とした新時代のマーケティング

近年、SDGs、サステナビリティ、パーパス・ドリブン、ウェルビーイング(Well-being)といった言葉が頻繁に語られるようになっています。これは企業にとって、経済的利益の追求を通じて株主の要請に応えるだけでなく、社会的利益の実現にも貢献することが強く求められるようになっていることのひとつの証左といえます。

特にB2C向けビジネスにおいては、顧客の「幸福」にコミットすることで、顧客からの経済的利益と社会的利益を同時に最大化するような関係を築くことが、ひとつの目指すべき姿であると考えられます。そのためには「幸福度」を起点に顧客との長期的かつ親密な関係性を構築し、経済的価値(ライフタイムバリュー、LTV)に加え、社会的価値・SDGsをいかにして実現すべきかを検討する必要があります。

PwCのサービス

PwCコンサルティングでは、幸福学研究の第一人者・前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院教授)と協業し、顧客の幸福度を高めるための施策をデータドリブンで設計するサービスを提供します。

具体的には、以下を支援します。

  1. コンセプト検討・幸福度測定
  2. 幸福度・LTV(Life Time Value、顧客生涯価値)向上メカニズム特定
  3. KPI策定
  4. 世界観・施策設計
  5. 実行・ケイパビリティ構築

幸福度マーケティングのアプローチ

BXT※1を組み合わせて幸福度マーケティングを実現します。
幸福度マーケティングの アプローチ

幸福度マーケティングの支援パターン(一例)

シチュエーションに応じた柔軟な支援が可能です。
幸福度マーケティングの支援パターン (一例)

主要メンバー

髙木 健一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email