Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ヘルスケア コンサルティング

大学・公的・民間病院などの医療機関を中心に、ヘルスケア業界でビジネスを展開する企業、自治体や官公庁などに幅広いコンサルティングサービスを提供します。

ヘルスケア業界が抱える困難な課題解決に立ち向かいます

総医療費の増大が今後も見込まれる中、介護、健康サービスも含めたヘルスケア産業の重要性は高まる一方です。病院経営の改善、医療現場の業務効率化・情報化、国内外の患者・利用者の満足度向上、保健・予防といった健康サービス産業の拡大など、ヘルスケア業界を取り巻く情勢が大きく変化し、柔軟な対応力が一層求められるようになりました。

PwCコンサルティングのヘルスケアチームは、国内外における経験・知見・ネットワークを生かし、病院などの施設、企業、国や地域に対して、それぞれのニーズに応じたきめ細やかなサービスを提供、解決困難な課題にも真摯に向き合います。

官公庁・自治体向けサービス

地方自治体の健康予防事業サポート

健康社会の実現に向けて、PwCではさまざまな分野の専門家が部門横断で連携し、多様な業種・官民のステークホルダーとのネットワークを活かしながら、地方自治体の健康予防事業への取り組みを支援しています。

詳細はこちら

病院向けサービス

PwCは、これまで急性期病院を中心としたコンサルティングサービスを数多く実施してきました。病院の支援にあたっては、(1)成果へのこだわり、(2)圧倒的な調査スピード、(3)現場を巻き込んだ合意形成を特長とし、(4)中長期的な経営改善を持続できる組織への移行を目指しています。

PwCの4つの強み

「成果へのこだわり」「改善実施までの圧倒的なスピード」「現場を巻き込んだ合意形成」「経営改善を通した組織トランスフォーメーションの実現」に強み

(1)成果へのこだわり

  • 病院経営に大きなインパクトを与える経営改善実績を多数保有
  • 改善を実行するうえでの「成功の鍵」「落とし穴」を熟知しており、成果に結びつけることが可能
(1)成果への“こだわり”

(2)圧倒的な調査スピード

  • 経営改善に向け「必要な調査を早期に」終え「改善実行に時間を使う」ことを重視
  • 仮説思考およびPwCが持つ経営課題の分析フレームワークを組み合わせることで調査時間を大幅に短縮
(2)圧倒的な調査スピード

(3)現場を巻き込んだ合意形成

  • 経験に基づく施策を熟慮したうえ提案
  • PwCの提案をベースに議論を行うことで「既成概念」にとらわれない話し合いが可能
  • 現場を巻き込み意思決定の場をファシリテーションすることで「実行力を伴う議論」を推進
(3)現場を巻き込んだ合意形成

(4)「中長期的な経営改善」を持続できる組織への移行実現

  • 短期間で成果が出る経営改善と中長期的視点の必要な改善策があるが、重要な課題解決ほど難易度が高く時間を要する
  • 「計画を紙にきれいにまとめるだけ」ではなく、戦略策定から実装まで病院と伴走しながら改善策を実行に移す
  • 中長期にわたり(1)(2)(3)を一つのサイクルとしてさまざまな課題解決に向け組み込むことで、経営改善意識の高い病院組織への移行を実現する(中長期的な経営改革を持続できる組織への移行)

医療機関の経営改善支援事例

PwCによる中期経営計画策定支援業務を皮切りに、PwCと病院が一丸となって2年間で医業収支6億円増を実現した医療機関(関東圏の400床規模公立病院)における経営改善の道のりです。

市からの補助金(一般会計負担金)を除く医業収支比較

公立病院ご支援業務の事例

主なサービス

病院戦略策定支援

医療環境の急激な変化を受け、病院における戦略策定の重要性が高まっています。経営改善に取り組む上で、明確な戦略がなければ何に取り組むべきか、なぜ取り組む必要があるのかが定まりません。PwCは、事実に基づく徹底的な事業分析を基に、現在の各病院の立ち位置を明らかにした上で、病院の戦略策定を病院とともに進めていきます。

View more

中期経営計画/新公立病院改革プラン策定支援

医療職を巻き込んだ本質的な経営改善実現を目指し、計画策定支援を行います。ペーパーワークで終わらせない点が特長です。また、新公立病院改革ガイドラインは、公立病院に対して平成32年度(2020年度)までの期間を対象としたプランの策定を求めています。医療を取り巻く環境が大きく変化する中、当初立案したプランを再考する必要が生じてはいませんか?ガイドラインが求める経営効率化や地域医療構想を踏まえた公立病院の役割検討・決定に対する圧力は、医療費増が進む中で、今後ますます高まるものと考えられます。

View more

収益(収入)改善支援

集患力を強化するための施策やPFM(Patient Flow Management)導入による入退院オペレーションの効率化、診療報酬の請求漏れ防止など医療機関の状況に応じた収益改善策を提案し、持続的な病院経営を可能とするための施策実行を支援します。

View more

コスト削減支援

削減可能な金額の見積もりから実行までサポートします。医薬品・医療材料費、委託費、医療機器などの保守費については、現場の医療職の納得を得た上で、コストの”適正化”を実現します。成果報酬型サービスも提供していますので、初期投資のご負担なく利用いただくことが可能です。

View more

RPAなどの最新テクノロジーによる業務効率化・働き方改革支援

医療現場においても、働き方改革が重要な検討課題に挙げられています。課題に対する一つのソリューションとして、ロボットによる業務オペレーションの自動化を実現するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)があります。例えば、看護職員による患者情報の入力業務をRPAで代替することが可能です。PwCは、ロボティクス・AIの技術知見を最大限に活用し、医療機関の次世代プロセスの構築および医療従事者の働き方改革をトータルにサポートします。

View more

医療機関向けコンサルティングの知見を活用したその他サービス

医療機関向けコンサルティングで培った知見を活用し、医療機関の海外進出、自治体などの保険者または官公庁に向けたコンサルティングサービスなど幅広い支援が可能です。

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

堀井 俊介

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

船渡 甲太郎

マネージングディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

髙橋 啓

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

増井 郷介

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email