Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

知財戦略の第一人者 杉光一成氏と語る IPランドスケープと知財ガバナンスをいかに企業は体現していくか

2021-11-11

登壇者

金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 教授 杉光 一成 氏

金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 教授 杉光 一成 氏

東京大学大学院・修士(法学)、東北大学大学院博士(工学)。電機メーカーの知的財産部などを経て現在に至る。専門は知的財産に関する先端領域。公職歴に参議院経済産業委員会調査室・客員研究員など。

PwCコンサルティング合同会社 パートナー Technology Laboratory所長 三治 信一朗

PwCコンサルティング合同会社
パートナー Technology Laboratory所長
三治 信一朗

PwCコンサルティング合同会社 シニアマネージャー 林 力一

PwCコンサルティング合同会社
シニアマネージャー
林 力一

*1特許庁, 2021. 「『経営戦略に資する知財情報分析・活用に関する調査研究』について」,
https://www.jpo.go.jp/support/general/chizai-jobobunseki-report.html

主要メンバー

三治 信一朗

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

林 力一

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

Technology Laboratoryの取り組み

PwCコンサルティングのTechnology Laboratoryは、世界各国におけるPwCのさまざまなラボと緊密に連携しながら、先端技術に関する幅広い情報を集積しています。製造、通信、インフラストラクチャー、ヘルスケアなどの各産業・ビジネスに関する豊富なインサイトを有しており、これらの知見と未来予測・アジェンダ設定を組み合わせ、企業の事業変革、大学・研究機関の技術イノベーション、政府の産業政策を総合的に支援します。

詳細はこちら

Playback of this video is not currently available

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}