車両サイバーセキュリティの未来

車両のデジタル革命によって、次世代のモビリティ社会が形作られる一方で、各国の政策や規制により変化の速度が決定されている面があります。その要因の一つがサイバーセキュリティへの懸念です。今回、車両サイバーセキュリティに関する国際規格や製品ライフサイクルにおける重要論点を解説するとともに、クライアントとの対談を通じ、車両サイバーセキュリティの将来をひもときます。

近年、車がネットワークにつながることで利便性が向上すると同時にサイバー攻撃の脅威にさらされるようになりました。このことは自動車メーカー・自動車部品サプライヤーでは課題として既に認識されており、特に車両開発の場面で、サイバーセキュリティ対策活動が実施されています。また、さまざまな団体から車両サイバーセキュリティに関する指針やガイドラインも公開されています。国際的な動きとして特に重要なものが、自動車基準調和世界フォーラム(WP29)と、本連載の題材である国際標準規格のISO/SAE 21434です。本連載では、ISO/SAE 21434を題材として、今後実施が求められるサイバーセキュリティ施策を解説します。

信頼でつながるセキュアなモビリティ社会の実現:コネクテッドカー・サイバーセキュリティ

信頼でつながるセキュアなモビリティ社会の実現:コネクテッドカー・サイバーセキュリティ

車がデジタル化されるこれからのモビリティ社会においては、車の開発から廃棄までライフサイクル全てのフェーズでセキュリティ対策が必要です。PwCはデジタル化されるモビリティ社会の信頼構築を支援します。

YouTubeを再生できない方はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

林 和洋

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

奥山 謙

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email