寄稿記事(法務)

PwC弁護士法人が参画する寄稿記事をご紹介します。

2019年

7月1日 日比慎弁護士が執筆した記事「改正民法『錯誤取消』の事例研究」が、銀行実務2019年7月号に掲載されました。
3月1日 日比慎弁護士が執筆した記事「外貨建て保険提案・販売における説明と留意点」が、銀行実務2019年3月号に掲載されました。

2018年

12月1日 日比慎弁護士と鈴木正人弁護士が共同執筆した論文「貯蓄性保険への導入で注目される「共通KPI」を踏まえた顧客説明時のポイント 」が、銀行実務2018年12月号に掲載されました。
11月1日 日比慎弁護士が執筆した記事「預金担保に関する実務上の留意点」が、銀行実務2018年11月号に掲載されました。
7月20日 北村導人弁護士と成道秀雄教授との特別対談「BEPS対策税制に関する現状と課題」が、機関誌「税研」 200号 に掲載されました。書籍の詳細はこちらをご覧ください。
7月5日
北村導人弁護士山田裕貴弁護士が共同執筆した論文「会社法改正中間試案における「株式交付」制度の概要と税制上の課題」が、税務弘報2018年8月号に掲載されました。書籍の詳細はこちらをご覧ください。
6月5日 北村導人弁護士渡邊満久弁護士が協同執筆した論文「犯則調査・税務調査と日本版司法取引~租税に関する罪に係る合意制度導入への対応~」が、税務弘報2018年7月号に掲載されました。書籍の詳細はこちらをご覧ください。
6月1日 日比慎弁護士が執筆した記事「預金相殺 法務上・実務上の留意点」が、銀行実務2018年6月号に掲載されました。
3月20日 北村導人弁護士が執筆した論文「近時の重要な税務裁判例と国際的潮流(BEPSプロジェクト)」が、研究紀要「日税研論集」73号の『「税源浸食と利益移転(BEPS)対策税制』(日本税務研究センター)に掲載されました。書籍の詳細はこちらをご覧ください。
2月20日 北村導人弁護士柴田英典弁護士が協同執筆した論文「法務部員のための印紙税トレーニング」が、ビジネス法務2018年4月号(2月20日発刊)に掲載されました。

1月1日

日比慎弁護士が執筆した記事「預金担保に関する実務上留意のポイント」が、銀行実務2018年1月号に掲載されました。


2017年

12月15日

北村導人弁護士が執筆した論文「近時の行為計算否認規定の適用に係る裁判例とBEPS対応」が、『国際課税ルールの新しい理論と実務―ポストBEPSの重要課題』本庄資編著)に掲載されました。書籍の詳細はこちらをご覧ください。

8月30日

北村導人弁護士が編集担当を務めた『現代租税法講座』(日本評論社)の第4巻『国際課税』が刊行されました。同書において、「恒久的施設(Permanent Establishment)課税を巡る現代的諸問題」(北村導人)及び「非居住者・外国法人に係る源泉徴収~源泉徴収対象の不明確性に起因する問題を中心に」(共著:北村導人・黒松昂蔵)が掲載されております。書籍の詳細はこちらをご覧ください。


2016年

10月21日

北村導人弁護士黒松昂蔵弁護士が執筆した論文「同族会社の行為計算否認規定の解釈と実務対応-IBM事件東京高裁判決の検討」が、ビジネス法務2016年12月号に掲載されました。

9月20日

我妻由佳子弁護士設樂公晴弁護士が執筆した記事「クロスボーダーM&Aのストラクチャー検討時の留意点<法務編>」が、経理情報2016年10月1日号に掲載されました。

7月21日

北村導人弁護士黒松昂蔵弁護士が執筆した論文「組織再編に係る行為計算否認規定の解釈と実務対応-ヤフー・IDCF事件最高裁判決の検討」が、ビジネス法務2016年9月号に掲載されました。

Contact us