シェアリングエコノミー ‐ コンシューマーインテリジェンスシリーズ ‐

2016-02-26

個人やグループが有形・無形の資産を共有し、利用者が必要なタイミングで利用する経済活動「シェアリングエコノミー」が、海外で驚異的な成長を見せています。これに対し、既存業界にはシェアリングサービスを取り込んだり、遊休資産を活用する手段としたり、顧客ロイヤルティを高めるために利用しようとする動きが見られます。
本レポートでは、米国で行われた消費者調査と業界専門家からのインタビュー、ソーシャルメディア分析をはじめ、シェアリングエコノミーが最も発展している米国における動向、消費者が感じているメリット、懸念事項、グローバルでの収益機会などをまとめています。また、シェアリングエコノミーが広がりつつある今、各業界はどう変わらなければいけないか、各業界における先進的な企業の取り組み、自社のビジネスに与える意味、それらを踏まえた日本市場への影響を考察しています。
2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催を踏まえ、日本におけるシェアリングエコノミーの本格展開時代の競争に負けないために、経営者や事業責任者、テクノロジー責任者の皆さまに、是非本レポートをご活用いただきたいと考えています。

主な掲載内容

  • シェアリングエコノミーの概要
    • 数字で見るシェアリングエコノミー
    • 業界専門家の視点
  • 収益機会
  • シェアリングエコノミーの中核的要素
  • シェアリング型ビジネス
    • 自動車
    • 小売および消費財
    • ホスピタリティ
    • エンタテイメント、メディアおよびコミュニケーション
  • 自社のビジネスにどういう意味を持つのか
    • 日本市場への考察

Contact us

Follow us