Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

Daily Log Management(勤怠管理アプリケーション)

従業員がいつ、どこで仕事をしているのかを把握するための新しい勤怠管理アプリケーションをご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延が、働き方から家庭環境、学習環境に至るまで、社会活動や企業活動に大きな影響を及ぼしています。PwCは、この大きな変化を好機と捉え、新たな環境にいち早く適応しながらビジネスを加速させていくための、業務効率化を支援しています。

リモートワークにおける従業員の就業状況を管理できていますか

コロナ禍における危機対応によって「出社=就業」の前提が崩壊し、従業員が個々の状況に応じてさまざまな環境のもとで働くことが当然となっています。PwCコンサルティングでは、従前よりリモートワーク制度を導入していましたが、パンデミックによって利用が拡大する中、従業員の執務時間と執務場所をどのように把握するかという課題に対処するため、独自の勤怠管理アプリケーション「Daily Log Management」を開発しました。現在では自社利用を経て、クライアントへの導入支援を行っています。

本アプリケーションは、ITや人事、総務、リスク管理部門などリモートワーク推進に関わる各部門の要件を網羅的にカバーする機能を備えているほか、従業員の使いやすさに配慮した直観的なUI・UXを採用しています。

Playback of this video is not currently available

1:27

Daily Log Management機能

従業員は執務場所を3つのステップで簡単に申請することができます。承認ワークフローを備えているため、管理部門や管理職が申請内容を確認のうえ、アプリケーション上で承認することができます。

従業員が出社するオフィス内のあらゆる場所に、あらかじめ位置情報管理端末を取り付けておくことで、「出社した従業員がオフィス内のどのゾーンにいたか」を記録することができます。位置情報を記録することで、従業員の新型コロナウイルス感染判明時に他の出社者への影響を調査することも可能です。また、出社申請なしに出社した従業員を捕捉し、対象者のスマートフォンにアラートを出すこともできます。

業務の開始時と終了時にスマートフォン上のアプリケーションをワンタップすることで執務時間を記録します。
タイムカードやセキュリティカードのログで執務時間を管理していた場合、本機能に置き換えられます。
執務時間ログは既存の勤怠管理システムへのデータ連携が可能です。

従業員に関する大切な情報を社内で管理できます

本アプリケーションはマイクロサービスアーキテクチャを採用し、要件に応じて必要機能をお客様の環境にデプロイ(配置)します。

勤務形態や執務場所のバリエーション追加など、お客様の要件に応じてカスタマイズが可能です。併せてPwCのコンサルタントが導入をサポートします。

図4 アーキテクチャ概要

Daily Log Managementの活用はDX実現への第一歩

新型コロナウイルス感染症によって人的交流が阻害される中企業はデータ活用に活路を見いだそうとしています。社内外のデータ資産を新たな価値に転換することで新たなビジネスモデルを構築し、企業活動の閉塞感を打開しようとする動きが活発化していますが、本アプリケーションを活用することによって出社者のオフィスでの行動や業務状況をデータとして収集し、以下のような施策につなげることが可能になります。

PwCにおける導入事例

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、PwCコンサルティング合同会社では、若手のメンバーを中心に従業員の出社状況を可視化するシステムを構築しました。その取り組みについてご紹介します。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}